人気ブログランキング |

<   2007年 05月 ( 44 )   > この月の画像一覧

本試験と同じように2日連続で早起きしようとしたら、
ものの見事に失敗しました。

やっぱり初日が終わったあとは、
早めに寝ることにしよう……。

昨日は、そんなわけで学校に行っても、
ほとんど勉強できませんでした。
会社法がちょっと進んだぐらいです。

やれやれ。

今日も諸事情により昼から学校へ。
退却準備用に、クロネコヤマトからダンボール箱を買ってきました。

あと、総択1回目と2回目の成績表を受け取ってきました。
波がありすぎて困ります。

成績表からの弱点は、
民訴>行政法>民法か。
まだなんとかなると思うので、
残りの日数で克服すること。

本試験会場に持っていく必需品以外のもの案
・サンダル
・クッション
by catsleeps | 2007-05-09 15:53 | 勉強のこととか

直前期まとめ(公法系)

憲法は、答案構成してみたけれど、やっぱりかなり難しい。
自滅しないように注意。

1)設問→相談要旨→資料
相談要旨の誘導には素直に乗る。

2)訴えの類型は最低限の理由付けであっさりと。

3)規制の具体的内容→自由の制約→憲法上の人権の認定
→制約の目的・程度が必要最小限度ではないことの指摘
(自分が説得的書けるものを選ぶ)

4)国側の代理人の反論も論理的にあらゆるものを書こうとしない。
(争点が形成できれば良い)

5)自分の意見を書く中で、自分がとらない立場を批判することを
明示的にできなくても考え方が示せていれば十分っぽい。

6)資料(証拠)から立法事実を具体的に認定していくことが重要。

7)人権の場合は、人権の分担範囲を考えて、
なるべく問題になる人権を絞る。

8)前半コンパクトに、後半厚くが自分の戦略であることに迷わないこと。

9)統治が出たら、「条文」と「原理原則」から。
三段論法を意識して、おとなしめに書く。

10)基本の知識は薄い基本書で確認。

行政法は、意外と憲法と共通する。

1)設問→相談要旨→資料
相談要旨の誘導には素直に乗る。

2)訴訟類型相互間の関係を意識。
的確に訴訟類型を選択できることがG評価から脱出の第一歩か。

3)訴訟要件は淡々と、本案の主張は厚めに。
特に裁量が問題になっているときは仕組み解釈が必須。

4)国賠は、要件を淡々と検討していく(この部分の答案構成に時間をかけない)

「公権力の行使」○
→「国または公共団体」の「公務員」あっさり認定
純粋な私経済作用と国賠2条よって救済される営造物の設置管理を除くすべての作用。
個人の特定、加害行為の特定は厳格でなくてもいい。

「その職務を行うについて」
外形標準説

「違法性」客観的注意義務違反(職務行為基準説)
職務を行うについて生じた損害の代位責任
→単なる法律違反でなく、客観的な職務上の注意義務に違反

*水俣病認定遅延訴訟
容易に予測→条理上の作為義務
→著しい遅延、解消できたのに努力を尽くさなかった

**規制権限の不行使
具体的な事情の下において、権限が付与された趣旨目的に照らし、
その不行使が著しく不合理。

「故意又は過失」
故意が認められることはほとんどない。
過失=主観的注意義務違反。当該公務員を基準に予見できたか。
通常違法性が認められれば認められる。

「損害」「因果関係」

営造物責任についても一応まとめておくこと(出しにくいかな)。
地方自治法の規定も忘れない。

5)法律関係が、公法関係か私法関係か(プレ)は、もう一度は出にくいか……。
民事訴訟も救済手段として考えておくこと。
by catsleeps | 2007-05-08 20:24 | 憲法のこととか

早起き成功(残り1週間)

今日は地獄起きして、
朝8時に五反田に着。

7時台の山手線内回りは、
そんなに混んでませんでした。

それから学校へ行ったら、
すでに隣人が勉強しててちょっと驚き。
そんなに毎日早く来てるのか!

朝9時から去年の本試験の
経済法を答案構成。
頭の使い方を確認。
明日は公法系をやる予定です。

その後、↓の記事に書いてあるように、
経済法の本を読了。

もっと早く通読しておけばよかったという感じで、
よくまとまっています。
基本書読むよりも効きそうです。

その後、会社法を……と思ったのですが、
名義書換えの効果を勉強してたら、
大きな疑問にぶち当たり、
調べ物をしてたらバイトの時間に。

株券不発行会社の免責力はどうなってんだ?
江頭先生の基本書だと明確に否定されています。
会社法100問はごまかしてる感じ。
弥永は抽象的に3つの効力について書いてあるだけで、
問題意識すら出ていません(←gdgd)。

四谷三丁目でバイトの打ち合わせをしてきました。
今日のご飯は、先附が、
ホタルイカ、独活、海老の酢味噌合え。
刺身はカンパチかな。
煮魚がメバル、そら豆、ごぼう。
その後、菜の花、うるいの辛子じょうゆ合え、
伊勢海老の揚物、
穴子ご飯、
グレープフルーツゼリィ、メロンでした。
ごちそうさま。しあわせ~。

樽酒をニ合も飲んだのは内緒です。

試験が終わったら
・箱根ポーラ美術館
・モネ展
・来年の青梅祭り
by catsleeps | 2007-05-08 00:13 | 勉強のこととか
■いわゆる結合契約が、
抱き合わせか、取引強制か、
優越的地位の濫用かの区別。

1)商品aを販売する事業者Aが、
商品aの販売に際し、相手方Bに対し、
他の商品a'を購入するように強制。
 →抱き合わせ

2)複数の商品を販売する事業者Aが、
相手方Bに対し、全種類の商品を購入するよう強制
 →取引強制(商品間に主従関係があれば抱き合わせ)

3)Aが商品aの販売に際し、相手方Bに対し、
Bの販売する商品bをAに販売するように強制
 →取引強制or優越的地位の濫用

4)事業者Aが、相手方Bからその販売する商品bを購入する際に、
Bに対し、事故の供給する商品aを購入するように強制
 →優越的地位の濫用

5)事業者Aが相手方Bからその供給する商品bの購入に際し、
Bの販売する他の商品b'を自己に販売するように強制
 →取引強制or優越的地位の濫用

■排他条件付取引と取引拒絶、抱き合わせの区別。

1)特定の競争者の取引機会を奪うために、
取引の相手方に当該競争者と取引しない条件をつける行為
 →実質的に間接ボイコット(間接の取引拒絶)
競争者一般との取引を禁止し、制限する場合
 →排他条件付取引

2)当該取引の対象となる商品・役務について、
競争者と取引しないことを条件とする行為
 →排他条件付取引
ある商品役務の取引の条件として、
自己の供給する他の商品役務を購入させる行為
(=競争品の取扱の禁止)
 →抱き合わせ販売

■排他条件付取引の公正競争阻害性

1)相手方に対する取引拒絶、競争事業者との取引の妨害等の手段により
排他条件を強要して、競争者の既存の取引先を排除

2)排他条件付取引を実施して、
競争者にとって取引機会の重要な部分が閉鎖的状態に(市場閉鎖効果)


*追記。
午前中から夕方4時までで、
別冊NBL「不公正な取引方法―新一般指定の解説―」を読了。
つ、つかれた……。
でもこれで穴はなくなったはず。

経済法は、あとは直前に百選をざっとみるぐらいかな。
余裕があったらエンフォースメントも。
by catsleeps | 2007-05-07 13:31 | 経済法のこととか
私的独占の考え方

行為主体(ある程度の市場支配力が背景に、同じ市場にいなくても良い)
単独か共同か
「支配」and/or「排除」(どちらも成立する場合があることに注意)
競争の実質的制限は、私的独占の場合、あっさりと認定
新規参入に対する排除→潜在的競争が問題になる

不当な取引制限の考え方

行為主体(競争者である必要なし、縦のカルテルも容認)
「事業者が他の事業者と」
「共同して」(意思連絡、間接事実で推認)
「相互に事業活動を拘束し、又は(共同して)遂行」
共通の目的の達成に向けられている、
拘束の相互性(ただしその内容は共通でなくても良い)。
競争の実質的制限は、ちゃんと認定

エンフォースメント
1)審判手続(勧告審決がなくなったので、聞かれるかも)
2)緊急停止命令
3)審決取消訴訟、取消訴訟における実質的証拠の原則とその根拠(行政法?)
4)私人の民事訴訟(差し止めを含む)など(出たので、さすがに出ないかな)
5)課徴金とリニエンシィ(順位の話とか出そうな気も)
6)企業結合事前相談(出なさそうだなあ)
by catsleeps | 2007-05-07 09:54 | 経済法のこととか

直前期まとめ(経済法)

去年の本試験の問題からの考え方

1)設問1と2を全体として考えて出題趣旨を考えること。
去年の第1問は、設問2からすると、設問1で単独の取引拒絶を書いておくべき。

2)各違反類型のどこまでがセーフか、どこからが違反かを相場感を押さえる。
去年の第1問は、設問1の(1)で違反にしてしまうと、(2)で書くことがなくなる。
*他の科目も通じて、書くことの振り分けという視点も重要cf.刑事系第1問

3)競争の実質的制限、公正競争阻害性がどのように生じているか、から、
逆算して行為要件をどこまで個別に捉えるかを考える。
去年の第2問は、<決定1>の合意1と合意2を分断して書くと、
実態に合わなくなるし、書く分量が多くなりすぎ、読みにくくなる。

4)各構成要件間の関係(どっちも成立するのか、片方だけか)も意識すること。
去年の第1問で言えば、
単独の取引拒絶は、単に再販売価格維持の手段にとどまるのか。
去年の第2問で言えば、
10社に対するのと事業者団体に対するのは、どこで分かれるのか、
事業者団体に対するのとその構成員に対するのは、どこで分かれるのか。

5)市場を確実に判断するために必ず図を描くこと。

6)そこで、どんな事業活動が問題になっているか。
その対象となる商品役務はなにか。

7)市場確定は、新企業結合GLにしたがって需要の代替性メインで。
by catsleeps | 2007-05-07 09:42 | 経済法のこととか
失敗させたら右に出る者はいない、
と言われたことはありませんが、
失敗しました(泣)。

眠るのは得意です。
まかせとけー!(テンション高め)

今日は新しく出来た新丸の内ビルで、
14 juillet(キャトーズジュイエ)というところの
カシス・エクレールを買ってみました。
激ウマでした。
本店は、埼玉の越谷なのかな。

そんなこんなで1日はあっという間に終わり、
会社法がちょっと進んだぐらいでしょうか。

もはや1科目につき1日しか時間がありません。
せ、切ないなあ。
by catsleeps | 2007-05-07 01:30 | 勉強のこととか
今日は一日家でのんびり。
……してちゃだめだろ……(汗)。

朝7時に起きたので、
めずらしく朝から勉強するはずが、
9時過ぎに挫折して居眠り。

その後、ついつい買うのを忘れる
日用雑貨を買いにドラッグストアに行き、
Tシャツを買いにユニクロへ行き、
帰り道に3時のフロマージュという
スフレタイプのチーズケーキっぽいお菓子を買い、
羊羹とお茶でなごみ、と、
まったく勉強する気配がみられません。

燃え尽きるには、まだ早い。

仕方がないので、ちょっぴり今まで素読してなかった
行政不服審査法を読みました。
しかもちょっと細かめの知識をわざわざまとめてみたりして。

いろんな科目がトンネルに入りっぱなしデス。
しかも僕の場合、トンネルを抜けるとそこは雪国だった、
ということになりかねません(伝わるか)。
くだらない解説(要ドラッグ):頭真っ白……(涙)。

さてさて明日は早起きしてちゃんと勉強しようそうしよう。
by catsleeps | 2007-05-06 00:13 | 勉強のこととか
審査請求○異議申立て×
 「審査庁でない行政庁」
  →審査庁に審査請求(18Ⅰ,Ⅳ)
審査請求○異議申立て○
 「審査庁でない行政庁」
  →処分庁に異議申立て(46,20)
審査請求○異議申立て×
 「異議申立て」
  →審査請求(18Ⅲ,Ⅳ)
審査請求×○異議申立て○
 「審査請求」
  →異議申立て(46,(20))
by catsleeps | 2007-05-06 00:02 | 行政法のこととか
二歩。

将棋だったら負けですね(意味不明)。

だいたい意味不明なことを言い出すときは、
テンション上がり気味です。

ふははは。
こうなった僕とはまともに会話できませんよ。

たぶん。

きっと。

2つの言葉の差はなあに?
と、脈絡のない話をさせると、
なかなか右に出る人はいません。
左も、上も、下もいませんが。

というわけで、昨日はあんまり勉強しませんでした。
だって、晴れてたから(冗談です<どこからどこまで?)。

学校の自習室では、
間に合わない感が(一部のできる人を除いて)漂ってるので、
同じく間に合ってない僕としても、
ちょっとホッとします。

……しかーし、本当はみんなちゃんと間に合ってたりして。
こわいこわい。

8科目を並行して準備するのは大変ッス。

でも全然勉強してない割には、
肩こりがむちゃくちゃひどくてバキバキになってます。

ま、やれるところまで、前のめりで。
by catsleeps | 2007-05-05 02:39 | 勉強のこととか