日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

海外司法事情

という講義がありましたが、
Witness for the Prosecution(「検察側の証人」)
(もとはアガサ・クリスティの短編小説)
のテレビドラマ版を、みんなで研修室で観て、
その後、濃縮された解説を聞くというものでした。

テレビ画面が小さすぎて、
机に伏せるような感じで
観ることになった修習生もいたり。

ネタバレになるので、詳しく書けませんが、
面白かったです。

クリスティの小説がもとなだけに、
バリスタとソリシタが出てきて、
陪審制なのです。

観てて思ったのは、
裁判員裁判の説示(無罪推定とか)は、
評議室で行われるのですが、評議室でやるよりも、
やっぱり公開の法廷でやったほうがいいのでは、
ということでした。
[PR]
by catsleeps | 2008-07-08 22:21 | 実務修習のこととか