日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

丸の内線の霞ヶ関駅で

同期にばったり会いました。
最近あんまり更新していませんね、
と言われてしまいました。

が、がんばります!(大汗)

というわけで、最近、期が上の先生お二人から、
まったく別の機会に、「あいつは仕事をしているのか」と、
心配(?)されてしまいました。

あ、「というわけで」ではありませんでした。

ニッチもディンゴもいない、じゃなくて、
ニシンもサンマもうまい、ではなくて、
二進も三進もいかない(読めないぞ)感じになりつつありますが、
なんとか低空飛行で生きてます。

今週は外国語ネイティブの方の法律相談があったため、
はじめて通訳さんに来てもらいました。

通訳費用の相場っていくらぐらいなんだろー、
迷った末に時給1万円を呈示。

当番マニュアルとかには30分5000円と書いてあったので、
あながち悪くない数字だろうと思います。
むしろ、日本語も非常によくできる人なので、
本来はもっと高いのかも、と思ったり。

それにしても通訳さんはスゴイです。
こちらが言いたいことを、適確に翻訳してもらい、
非常に助かりました。

英語も大学の二外も中途半端なので、
語学ももう一回ぐらい勉強しようかなー。
[PR]
# by catsleeps | 2010-06-18 02:39 | 弁護士業務のこととか

読書三冊

三昧じゃないのが惜しい(涙)。

土曜日、午前中の仕事が予想外に早く終わり、
午後の仕事場に行くついでに、ひさしぶりに本屋へ。

本屋がないと生きていけない活字中毒なのです。

というわけで、伊藤計劃「虐殺器官」(ハヤカワ文庫)と、
中沢康彦「星野リゾートの教科書」(日経BP)を購入。

「虐殺器官」を帰りの電車の中で読み始めたのですが、
これがもう止まらない面白さでした。
ひさしぶりに、「あともう少しだけ」と思いつつ、
夜更かしをしてしまい、寝不足に……。

この作者の他の作品をいっぱい読みたい、
という願いが叶わないのが少し残念。

星野リゾートの教科書は、出張の移動中に読了。
ライトウェイトな感じで、興味を持った教科書がいくつかあったので、
もう少し突っ込んでみようかしら、と思ったり。

とりあえず、最近、ひさしぶりに、
「正義」という概念を振りかざされる機会があったので、
マイケル・サンデル「これからの『正義』の話をしよう」(早川書房)も購入。

「正義」も相対的なものだと思うのですが、
振りかざす人は、それを自覚しているのか、ちょっと疑問。
[PR]
# by catsleeps | 2010-06-15 21:52 | 弁護士業務のこととか

某企業の中の人のグチ

を伝聞で聞く機会があったのですが、
その会社は、とある弁護士事務所に、
顧問料を年間2億5000万円も支払っているのそうなのですが、
ある人が実務上の疑問点をメールで質問したところ、
「自分で調べろ」という趣旨の返事が返ってきたそうです。

すごいなー。
[PR]
# by catsleeps | 2010-06-06 10:32 | 弁護士業務のこととか

お仕事マナーモード

先日、同期から面白いうわさ話を聞きました。

某大手事務所では、一番若い期の先生が、
・極めて重要なクライアントとの打ち合わせに遅刻してきたり、
・いろいろと先輩の先生が気を遣って、起案のコメント欄に、
 「この資料にこんな記載があったよ」とか書いて、
 お膳立てをしてくれているのに、
 それらを一切無視して使えないペーパーを作成し、
 パートナーの先生が資料の下調べからやり直すという
 新人のような仕事をする羽目になったり、
・なんかの報告する席で自分の報告する順番が来る前に、
 飲み会があるからといって帰ったり、
するので、上の先生方が一番若い期に仕事を振らなくなってきており、
新61期にその分の仕事がまわっているようです。

大変そうですねえ。

僕も又聞きの上、うろ覚えなので、
話半分以下で聞いたほうが良いと思いますが、
サマクラやったりして採用しているところでも、
そんなことがあるんだなー、と思いました。

あ、重要なクライアントとの打ち合わせには、
遅刻はしないほうが良いと思います、はい。
[PR]
# by catsleeps | 2010-05-28 18:49 | 弁護士業務のこととか

法解釈

行政法では、個別法の解釈について、
塩野先生が「仕組み解釈」ということを言っているのですが、
うちの行政法の先生は、「それは単なる当たり前の法解釈」といってました。

さて、なんでそんな話をするかというと、
ジュリスト1392-54にこんな話が載っていたからです。

【座談会】債権法改正をめぐって―裁判実務の観点から
房村精一東京高裁判事の発言(整形と下線は引用者による)
「いま細川さんも言われましたが、
日本の民法の場合、条文を見てもわからない。

教科書あるいは判例を見なければわからないものですから、
条文を読むという作業を法律を勉強する人がみんなしないのです。

民法は教科書などがあるからよいのですが、
それ以外の法律が問題になったときに条文を読んでこないのです。

何かと解説したものを探す。

それがないと仕方がないから条文を読むのですが、
条文を読む場合でも、その条文しか読まない。

法律というのは全体が大きな枠組みになっているわけですから、
全体の構成がどうなっていて、その中でこの条文がどういう位置にあって、
他の制度とどういう関係があるのだということをある程度理解しないと、
条文そのものを眺めてもわからない
のですが、
そういう作業をする法律実務家は本当に少ないと思います。」

基本的に僕がロースクールの2、3年生とゼミをするときには、
1つの科目の指導でもほかの科目の勉強に活きる話をしようと思っていて、
行政法の仕組み解釈の話をして、実は仕組み解釈という発想は、
どの科目にも通じるんだ、むしろ法解釈そのものなんだよー、という話をしたりするので、
心強い発言だなー、と思って紹介する次第です。

まあ、でも最近学校指定の教科書が、
塩野から宇賀に変わったので、
なかなか理解してもらいにくくなりましたが……。

ちなみに高橋和之先生の憲法の教科書の統治の部分がわかりにくいのは、
憲法の統治の条文を仕組み解釈しているからで、
それまでの芦部先生の憲法が、英米法の理論を前提として、
憲法理論の解説をする中で、日本国憲法に触れるのとは、
発想が真逆だからだと思います。

と、今書いてて思ったのですが、内田民法が読みにくい理由も、
条文の趣旨とかしっかり書いていないからだと思っていましたが、
ひょっとして、パンデクテン方式→大陸法系→演繹論に対して、
帰納的な(機能的な)アプローチをする英米系の発想で、
民法の解説をしているからじゃなかろうか、と思ったり。
例の財産法、契約法、不法行為法、金融法とかの観点でわける感じの。

あ、あと新会社法も、
ガバナンス、ファイナンス、M&Aぐらいで読むほうが理解しやすいですが、
条文は頭に入りませんねえ。
[PR]
# by catsleeps | 2010-05-16 23:29 | 弁護士業務のこととか

今日から

新司法試験ですね!
受験生のみなさま、ファイトです。

これを見るのは、
択一(ひょっとすると論文も)は終わったあとだと思います。

試験委員の先生方が言うには、論文は、
「とにかく問いに答えていない答案が多すぎる!」
ということのようです。

なので、問題文と、
ちゃんとかみ合った会話をしてきてくださいな。

みなさまが無事合格されますように!

さて、NHKがこの時期にいやらしい番組をぶつけてきましたが、
こちらは、給費制廃止反対のサポートとか、
新試験組のイメージアップ、がんばりますです。
[PR]
# by catsleeps | 2010-05-12 10:02 | 弁護士業務のこととか

月イチ勉強会とか

同期と毎月1回、
勉強会(という名の飲み会)をしているのですが、
前回の話題は、「どうすればプロ野球選手の代理人になれるか?」
でした。

まあ、本論は、
どうも紹介しかルートがないらしい、
というので終わり。

あとは、なれるとして誰の代理人になりたいか、とか、
基本的に本人が出場する試合は全試合観ないと!とか、
そのためにはスカパー!に加入しなくっちゃ!とか、
リリーフ陣だと、いつ試合に出るか予想がつかないから、先発投手か!?とか、
という話で夜は更けていったのでしたー。

その次の日は、出張があったので、
移動中に、森炎「裁く技術」(小学館101新書)を斜め読み。

元裁判官で、現在は東京弁護士会所属の弁護士という方が、
一般市民向けに書かれていますが、
刑事事実認定の入門の入門みたいな感じで、
ロースクール生が読んでも面白いかも、と思いました。

あと、竹内 謙礼、青木寿幸「投資ミサイル」も読みました。
これは以前オススメした「会計天国」の著者が、
今度は投資を切り口に小説を書いたもので、
面白かったです。

アマゾンで検索すると100ページ分、pdfで無料で読めるので、
興味がある方は、どうぞ。

それにしても、クリス・アンダーソン「フリー」の戦略が、
あっという間に浸透してるなー、と思ってみたり。
[PR]
# by catsleeps | 2010-05-09 22:17 | 弁護士業務のこととか

ゴールデンウィーク

BUMP OF CHICKENの「魔法の料理」を聴いて泣いてみたり、
いきものがかりの「気まぐれロマンティック」を激しくリピートしながら、
この晴天の中(というか暑い……)、会務で割り当てられた某報告書(!)
の素案を起案している今日この頃ですが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

もうね、グレちゃいますよ(死語?)。

誰だ、ゴールデンウィークなんて言ったのー!(意味不明)

昨日は事務所に行きましたが、ボスも同じ事務所の先生も出勤してて、
今日も事務所に行かないことに、若干の後ろめたさがあったりして。

最近はのだめの最新刊と、3月のライオンの4巻を読んだぐらいで、
小説やほかの種類の本は読んでいなかったり。

あ、でも今読んでる「20歳のときに知っておきたかったこと」
スタンフォード大学集中講義(阪急コミュニケーションズ)は、
非常に刺激的で面白いです。

それでは明日のこどもの日は、
童心に返って遊びたおしましょー。
[PR]
# by catsleeps | 2010-05-04 23:10 | 弁護士業務のこととか

一昨日

同期と飲む機会があったのですが、
同期が、29日が祝日だと気づいてなくって、
しばらく会話がかみ合いませんでした。

僕:今日、事務所出るとき、ボスに「明日も来る?」って聞かれてさー。
同期:そんなの当たり前じゃん。
僕:え? 当たり前なの? 忙しいんだね。
(30分後)
同期:あー、そうか、明日は祝日か!!
僕:そうだよー。でも事務所行くんだよね?
同期:行かねーよ!やったー!休みだー!!

……うん、そうか……。

さて、ゴールデンウィークですが、
とりあえず明日は休む予定です。

受験生はラストスパートがんばってください!
受験生以外のみなさまは、良い祝日を!
[PR]
# by catsleeps | 2010-04-30 23:20 | 弁護士業務のこととか

疾風怒濤の4月

4月になって投稿数が激減しましたが、
なんとか無事に生きています。

先週は睡眠時間が減った関係で、
風邪引いたりもしましたが、
無事復活しました。

清算B/S作ったり、
法の適用に関する通則法とか、
ウィーン動産売買条約とか勉強したり、
どこまで行っても新しいことばかりですが、
仕事の幅は、ひろがってると思います。

その代わり、訴訟の数は、激減して、
以前は毎日のように裁判所に行っていたのに、
最近は1か月に数回しか行きません。

弁護士の仕事ってほんと事務所ごとに違うなー、
というのを実感する毎日です。
[PR]
# by catsleeps | 2010-04-27 00:30 | 弁護士業務のこととか

贅沢な眺め

今日は、日中、某所でひなたぼっこをしつつ、
はらはらと柔らかく舞い落ちる桜を眺めながら、
仕事(ぁぅ。

夜桜よりも昼間に見るほうが好きです。
非常に良い環境でした。

そんなわけでいろいろと起案して事務所に移動。
これから打ち合わせです。

そういえば、先日、
青山の某ビルで打ち合わせがあったのですが、
春は桜が、夏は花火が、秋は銀杏並木が目の前という、
とても贅沢なロケーションでした。

でもそんなところにオフィスかまえたら、
ぼんやり外を眺めているだけで、仕事しないかも、
と思ったみたり。
[PR]
# by catsleeps | 2010-04-03 16:12 | 弁護士業務のこととか
昨夜は、某所にてお花見。

風が強かったですが、それほど寒くなく、
桜の花びらが舞い落ちるのも風情がありました。
ひさしぶりにちょっとのんびりできたというか、
リラックスして過ごせました。

というわけで、
ロースクール新入生のみなさま、
入学おめでとうございます。

先行きは不透明感がいっぱいかもしれませんが、
そんなことを気にするよりも、集中して勉強して、
さっと受かったほうが良いと思います。

さて、前にも書きましたが、
事務所を移籍することになり、
若干短めの期間でバタバタと準備。

無事、移籍を終えました。
事務所の荷物の引っ越し作業とかが、
とても大変でした。ふう。

普通は半年ぐらい猶予期間があったり、
次の事務所に移る前に1か月ぐらいお休みをとったり、
なんて話を聞いたりもしましたが、
そんなことは一切なく、
スッキリ切り替え。

ちょっと不思議な感覚がしないでもないような。

心機一転がんばりまーす。
[PR]
# by catsleeps | 2010-04-02 18:36 | 弁護士業務のこととか

デキる

弁護士、ダメな弁護士。

というタイトルの本が講談社+α新書から出ていたので、
読んでみました。

著者の方は、慶応ローにも行っていたそうです。

いろんな弁護士の考え方がわかって、
面白かったです。

うまい具合に著者独自の見解が挿入されてて、
区別しながら読むのが若干手間でしたが、
価格分ぐらいの価値はあったと思いました。

国民のみなさんが思い描く弁護士像って、
いったいどんななんだろう、と少し思ってみたり。

その問いがなされた瞬間に創発される幻想に過ぎないので、
共通認識は存在し得ないと思いますが。

そろそろ、とある報告をまとめないといけないので、
ちょっとだけバックグラウンドで煮詰めなくっちゃなのです。
[PR]
# by catsleeps | 2010-03-25 22:37 | 弁護士業務のこととか

めずらしく

東京弁護士会では、新人は、
1年間の委員会研修が義務づけられています。

で、この1年間は、年度で決まっているので、
ようやくこの3月で、研修員という立場から解放されるのですが、
一応、1年間で最低限4回は出席しないといけないので、
駆け込み的に委員会に同期が出てきました(笑)。

そのついでに、ひさしぶりにちょっとした世間話など。

昨年末に同班同クラスの同期に男の子が生まれたそうで、
めでたいめでたい。

今度お祝いをしなくっちゃ!
人のお祝いって、とても楽しいです。
[PR]
# by catsleeps | 2010-03-18 19:18 | 弁護士業務のこととか

なんとか

確定申告を駆け込みでしてきました。

あっさりと受け付けてもらえたので、
ちょっと拍子抜け。

会計ソフトを使ってみたのですが、
独学で使い方を理解するまでに時間がかかりました……。

この苦労がどこか他で活きるといいなあ。

ちなみに使ったソフトは弥生のやつです。

あとあと税理士の先生のお世話になる可能性を考えると、
税理士先生の事務所によっては、
導入してないアプリケーションのファイルは開けないこともあるので
大手のを使っておけばいいだろう、という安直な考えなのでした。

現金出納帳と預金出納帳は、
なんとか扱えるようになったのですが、
事務所から支給される交通費を仮払金で処理したり、
クライアントからの預かり金の処理をどうすれば良いのか悩んだり、
記録の謄写費用って、どこの費目なんだろう、とか、
研修費は、どう処理するのか、とか、
悩みは尽きず……。

貸借対照表、損益計算書、仕訳日記帳とかも行ったり来たり。

来年はもうちょっと楽ができるように、
こまめに記録をつけるようにしますです。
[PR]
# by catsleeps | 2010-03-15 20:41 | 弁護士業務のこととか

確定申告の準備

が。

終わりません。

あわわわわ。

同期でも意外と白色申告という人が多いです。
消費税の取扱いとか、いろいろと悩みつつ。
非常に面倒です。
[PR]
# by catsleeps | 2010-03-11 05:39 | 弁護士業務のこととか

春風薫る

3月。

2月もあっという間ですねえ。
なんか3日ぐらい短かった気がします。

最近読んで面白かったのは、
「テルマエ ロマエ」というマンガ。
コミックビームで連載中の渋いやつ。
帯のあおり文句と、表紙にやられました。

あとは、マイケル・シェイボン
「シャーロック・ホームズ最後の解決」も、
枯れた感じの味わいが良かったです。
こちらは小説。
[PR]
# by catsleeps | 2010-03-04 00:34 | 毎日のこととか

ひさしぶりに

先週は、
昔、アルバイト先が一緒で、
勉強を教えてもらい、非常にお世話になった先生の事務所の先生方
(龍先生もご一緒です)と、クラスの同期と、
一緒に飲む機会がありました。

否認っぽい事件の接見に行ったため、
参加が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

このブログにも目を通していただいたようでして……。
あわわわわ。

法曹人口問題については、
分析が甘いと言われてしまいました。
ちゃはー。

もっといろいろ考えてみます。

支店開設に向けて、
いろんな外堀が埋まっていく話を聞いたり、
時計の話を聞いたり、
とても楽しい飲み会でした。

土曜は、破産管財人の研修へ。
勉強になりました。
頑張ろうっと。
[PR]
# by catsleeps | 2010-02-28 14:02 | 弁護士業務のこととか

刑事訴訟実務の基礎

というわけで、以前コアカリより充実したものが出ると言っていた、
「刑事訴訟実務の基礎」の到達目標(いわゆるコアカリ)ですが、
ようやく日弁連から公にされましたので、リンクはっておきます。

こちらからどうぞ。

うちのローはちょっと刑事系実務科目が弱いかなー、という方は、
ぜひダウンロードして目を通していただければと思います。
[PR]
# by catsleeps | 2010-02-19 13:01 | 勉強のこととか

失われた10年

という言い方が良いかはわかりませんが、
面白い話を聞いたので。

弁護士業界で、
10期代の先生は、都市銀行が顧問。
20期代の先生は、地銀が顧問。
30期代の先生は、ノンバンクが顧問。

さて、40期代(以降)は、どうしよう?
という状況でやって来たのが過払いバブル。

そのおかげで50期代前半ぐらいまでが、
食いつなぐことができた。

で、そろそろ過払いのパイがなくなりつつあり、
これから大変になってくる。

本当であれば、
10年前ぐらいに問題化していなくてはならなかったことが、
過払いバブルが終わりを迎えつつある今、
あらためて問題になりつつあるそうです。

そうかと思えば、弁護士会の法律相談等にこまめに参加して、
2年目で独立して、今じゃイソ弁が4人いるという先生もいたりして、
働き方の問題なのかなー、とも思いました。

*非公開の記事を公開した関係で一部削除しました。
[PR]
# by catsleeps | 2010-02-11 22:51 | 弁護士業務のこととか