日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

最高裁

2010/9/25一部修正しました。

「このため最高裁は、日弁連に対して2度にわたって質問状を出した。「大学で奨学金を受けた者が貸与を受ける事態は当初から想定されており、そうした点も考慮して貸与額、猶予期間、返済期間が定められている」と、貸与制への移行に無理はないという立場を鮮明にしている。」
http://www.asahi.com/national/update/0918/TKY201009180163.html

と、ボ2ネタで詳解されていた記事ですが、
なんで最高裁がこんなことに口を出して来るんでしょうか。
政策論でしょ?と思ったり思わなかったり。

こんなことされると、修習生の給費制廃止は、
財務省からずーっと狙われている裁判官の俸給の削減を見逃してもらう代わりに、
そっと最高裁から差し出された生け贄、という、
まことしやかな嫌な噂(よく耳にするのですが)が信憑性を持ってきます。

生け贄がなくなったら困るよなー、たぶん。
いや、噂が本当だったら、ですけれど。

それに、「無理はない」って許容性の議論にしか過ぎなくて、
そうすべきだっていう必要性はどこにあるのでしょうかー。
日弁連は、給費制にすべきではない、という「べき」論をしてるのに……。
無理がなきゃなんでもしていいのかなあ(はあと)。

司法制度改革では裁判官の増員だって要請されていたはずなのに、
そんなのまるっとどこまでも無視していることについては、
気にしてないみたいです。

裁判官の増員も無理はないですよね?

日弁連も質問状でも出せばいいのに、と思います。

同じ記事。

「また、日弁連が論拠に挙げたデータにも触れ、「修習生の47%は借金がないのに、全員一律に給与を払う必要があるのか」「新人弁護士の4分の3は初年度の年収が500万円超なのに、返済は困難といえるのか」と指摘。」

日弁連は、こういう情報は、地道なアンケートで集計しているのです。
修習生の47%って、回収率は検討したのかな、と疑問。

アンケートからこぼれてる借金層もいっぱいいるし、
新人弁護士の給与も、低い人ほどアンケートに答えたがらないでしょうし、
ましてや、弁護士は、そこから弁護士会費や保険料とか
判例検索サービス費に書籍代とか、
いろんな経費が差し引かれていきます。

毎月(だったかな?)2万円の書籍購入のためのお金が出る人たちとは違うのです。
※コメント欄でご指摘いただきましたが,もう廃止されているそうです。
関係各位のみなさまには事実と異なる説明したことを謹んでお詫び申し上げます。

みかけの年収でどうこう判断するのは難しいと思うのですが、
そのあたりを一切考慮しないかのようなご発言は、さすがです。

うん、ずーっと大昔から給費をもらってきた方々の中でも、
一律に給与を払う必要はないとお考えの方々から、
遡って給費を自主返納とかいう動きがあれば、
非常に説得力も出て、かっこいいのになあ。

いっそ新合格者からとかいわずに、
返せる状態の人から、修習期にかかわらず、
みんな返すようにしたらいいんじゃないのか、
とちょっと思ったり。

たまには好き放題言ってみました(あ、いつもか)。
[PR]
by catsleeps | 2010-09-21 03:07 | 弁護士業務のこととか

なんでも

法曹人口政策会議というところがあり、
合格者を何人にすべきか議論しているようなのです。

そこでは、宇都宮会長が選挙のときの公約で、
合格者数1500人を見据えながら、と言っていたことをとらえて、
合格者を1000人まで減らすべきだということを言う人もいたりして、
現状維持論者とかは袋だたきに遭うそうです。

へえ。

……へえー。

そんなに人数減らしたいなら、弁護士の資格も更新制にして、
5年ごとに択一でもすればいいんだ、債権法改正とか、
金商法とか入れちまえ、といっている同期もいたりして(誇張してます)、
相変わらず、上の期の先生方は、あれな考えの人が多いようです。

ていうか、なんでそんな人選なんだ?と思ってみたり。

最高裁からも2つめの質問状が来たそうですね。
どっかで報道されていないかなー。
[PR]
by catsleeps | 2010-09-18 12:23 | 弁護士業務のこととか

なんのための効率性か

これからの100年を見据えた政治家の視点もなく、
これまでの100年を踏まえた歴史家の視点もなく、
表と裏を使い分ける外交官のしたたかさもなく、
単に効率性の観点から、鬼の首をとったかのように、
予算をバッサバッサ切っていくのは、
効率性の追求を自己目的化した子供みたいなもので、
なんのために効率化を求めるのかということについて、
思考停止になっているように見えて、どうかと思う。

それはここで考えることじゃない、って、
本来考慮されるべきことを無視してたら、
そりゃ、無責任になんでもいえますよー。

どうかと思う中で、似たようなことを考えている人がいると、
ちょっとホッとします。

が。

多数派ではないんだよなあ。

いや、能力も人格も僕なんかより優れた先生方だとは思うのですが……。
割り切れない僕があれなのか……(どれ?)。
[PR]
by catsleeps | 2010-09-18 12:00 | 弁護士業務のこととか

労働事件

昨日、なんとなく、
今まででやった労働事件を数えてみたのですが、
解雇が1件、雇止めが1件、割増賃金請求が1件、
未払給与が2件でした。

審判が3件、訴訟が2件で、全部会社側のみです。
一般民事の事務所にいた割には、労働者側がないなー、
と思ってみたり。

意外と労働事件が多いので、
もう少し勉強しようと思います。
[PR]
by catsleeps | 2010-09-15 18:22 | 弁護士業務のこととか

法曹養成2題

司法修習生の給与制維持=生活費貸与は延期―民主部門会議
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100913-00000105-jij-pol
民主!

最高裁が日弁連に質問状…司法修習生給与問題
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100911-OYT1T00966.htm
最高裁……。
[PR]
by catsleeps | 2010-09-13 23:32 | 弁護士業務のこととか

調べ物

今、事件に必要なとある条文の判例及び関連文献を、
総ざらい(約300件ほど)をしてるのですが、
民裁教官が、判タの連載に違う姓で載ってるのをみつけて、
2秒ぐらい考えて、あ、旧姓か、と思いました。

いや、オチはありません。

プリントアウトしたのはいいけど、
これ、全部読むのか……。
[PR]
by catsleeps | 2010-09-09 22:03 | 弁護士業務のこととか

新司法試験

合格されたみなさま、おめでとうございます。

今年度の新司法試験の合格者数は、2,074人で,
対受験者合格率の平均は25.41%でした。

もう3000人という目標は放棄して、
合格者は2000人前後に押さえることにしたみたいです。

残念ながら落ちてしまった人からも、
ご連絡をいただきましたが、
捲土重来を期する方は、ファイトです。

諸事情により撤退される方は、
新しい道でがんばってください。
[PR]
by catsleeps | 2010-09-09 21:19 | 弁護士業務のこととか

茫然自失9月

あ、8月が終わってしまいました。

会務活動のない貴重な1か月だったのに。

というわけで、某委員会の一大イベントも無事すべての日程が終わり、ちょっと安心。

もうひとつの委員会の一大イベントには出席できず、ちょっと残念。

もうすぐある一大イベントには、いったい参加できるのか、
参加費用はもう払っちゃったしなあ……。
[PR]
by catsleeps | 2010-09-02 20:15 | 弁護士業務のこととか