日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

丸の内線の霞ヶ関駅で

同期にばったり会いました。
最近あんまり更新していませんね、
と言われてしまいました。

が、がんばります!(大汗)

というわけで、最近、期が上の先生お二人から、
まったく別の機会に、「あいつは仕事をしているのか」と、
心配(?)されてしまいました。

あ、「というわけで」ではありませんでした。

ニッチもディンゴもいない、じゃなくて、
ニシンもサンマもうまい、ではなくて、
二進も三進もいかない(読めないぞ)感じになりつつありますが、
なんとか低空飛行で生きてます。

今週は外国語ネイティブの方の法律相談があったため、
はじめて通訳さんに来てもらいました。

通訳費用の相場っていくらぐらいなんだろー、
迷った末に時給1万円を呈示。

当番マニュアルとかには30分5000円と書いてあったので、
あながち悪くない数字だろうと思います。
むしろ、日本語も非常によくできる人なので、
本来はもっと高いのかも、と思ったり。

それにしても通訳さんはスゴイです。
こちらが言いたいことを、適確に翻訳してもらい、
非常に助かりました。

英語も大学の二外も中途半端なので、
語学ももう一回ぐらい勉強しようかなー。
[PR]
by catsleeps | 2010-06-18 02:39 | 弁護士業務のこととか

読書三冊

三昧じゃないのが惜しい(涙)。

土曜日、午前中の仕事が予想外に早く終わり、
午後の仕事場に行くついでに、ひさしぶりに本屋へ。

本屋がないと生きていけない活字中毒なのです。

というわけで、伊藤計劃「虐殺器官」(ハヤカワ文庫)と、
中沢康彦「星野リゾートの教科書」(日経BP)を購入。

「虐殺器官」を帰りの電車の中で読み始めたのですが、
これがもう止まらない面白さでした。
ひさしぶりに、「あともう少しだけ」と思いつつ、
夜更かしをしてしまい、寝不足に……。

この作者の他の作品をいっぱい読みたい、
という願いが叶わないのが少し残念。

星野リゾートの教科書は、出張の移動中に読了。
ライトウェイトな感じで、興味を持った教科書がいくつかあったので、
もう少し突っ込んでみようかしら、と思ったり。

とりあえず、最近、ひさしぶりに、
「正義」という概念を振りかざされる機会があったので、
マイケル・サンデル「これからの『正義』の話をしよう」(早川書房)も購入。

「正義」も相対的なものだと思うのですが、
振りかざす人は、それを自覚しているのか、ちょっと疑問。
[PR]
by catsleeps | 2010-06-15 21:52 | 弁護士業務のこととか

某企業の中の人のグチ

を伝聞で聞く機会があったのですが、
その会社は、とある弁護士事務所に、
顧問料を年間2億5000万円も支払っているのそうなのですが、
ある人が実務上の疑問点をメールで質問したところ、
「自分で調べろ」という趣旨の返事が返ってきたそうです。

すごいなー。
[PR]
by catsleeps | 2010-06-06 10:32 | 弁護士業務のこととか