日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

確定申告研修

昨日は、税理士の先生による、
確定申告の研修がありました。

なんだか200人ぐらい参加の申し込みがあったそうで、
会場は人がいっぱいだったのですが、
とても勉強になる研修でした。

実は、ロースクール時代には税法も受講したのですが、
さっぱりわかりませんでした(あれ?)。
そういえば、租税訴訟の要件事実論もやったような……。

余談ですが、刑裁修習は、租税集中部だったので、
国税庁から出向されていた調査官の方もいらっしゃったり、
書記官の方で税務大学校で研修された方もいらっしゃったのですが、
租税事件はほとんど見なかったです。

ただ、現行の修習生には、
租税関係の刑事事件に関する講義があったのですが、
新司法試験組にはなかったので、レジュメを見せてもらって、
軽く解説をしていただいたような記憶(望遠)。

たしか、租税の刑事事件で執行猶予になる目安の金額を聞いて、
ほへーと思ったような。この覚えてなさっぷりが申し訳ないです。

今日の研修は、所得税の基礎知識と、
弁護士の確定申告に必要な知識に特化した分、
わかりやすかったのだと思いますが、
税法は相変わらず奥が深そうでした。

が、がんばって確定申告するぞー。

そ、租税訴訟は、手がけると、江戸の仇を長崎で、
というような感じで、事務所に税務調査が入ったり、
クライアント先に税務調査が入ったりするという噂を聞きました。
こわいこわい(まんじゅうこわいではありません)。
[PR]
by catsleeps | 2010-01-26 02:46 | 弁護士業務のこととか

昨日は

研修所のクラス会がありました。

おしゃれなレストランで、
ご飯がものすごく美味しかったです。

幹事のみなさま、ありがとうございます。
おつかれさまでした。

ひさしぶりに教官にお会いしたり、
同期と会えて、良い気分転換になりました。
やっぱり同期っていいなー、と思います。

同期の検察官は、そろそろ、
いろんなところへ転勤するシーズンが
近づいているみたいです。

地方で就職した同期もそうですが、
離れていても、元気でいることを願ってます。
また飲みましょ。
[PR]
by catsleeps | 2010-01-24 14:55 | 弁護士業務のこととか

合格者数と法曹の質

面白いデータを聞いたので。

本当かどうかはわかりませんし、
若干デフォルメして書きます。

新司法試験で、1科目100点満点だとした場合、
60点ぐらいをとると、100番台に乗るそうです。

で、50点が、どのあたりのゾーンにいるかというと、
1300番台あたりだそうです。

さて、2200番あたりは何点ぐらいでしょうか?

何点ぐらいかというと
[PR]
by catsleeps | 2010-01-20 00:02 | 勉強のこととか

あっという間に

1週間。

土日も事務所に出たり、
接見に行ったりしていたので、
なかなか気が休まらず……。

事務所のことで先週から、
ちょっと微妙に思い悩むこともあり(婉曲表現)、
なかなか仕事に集中するのが難しいなー、
と思ってみたり。

ま、なんとか。
[PR]
by catsleeps | 2010-01-18 12:29 | 弁護士業務のこととか

法曹人口問題

日弁連の会長選関係でパンフレットが送られてきてますが、
どうも、報道によると法曹人口の問題が対立点だそうで……。

3000人を目標としつつ、
今の新司法試験の合格者数を維持するか、
それとも3000人なんて無理ってな感じで、
今よりも合格者数を減らすかという話なのですが、
正直、国民のみなさんの目から見たら、
話が内輪過ぎる気がして、情けないような気がします。

都市部では飽和しつつあるかもしれませんが、
弁護士過疎と呼ばれる地域はまだたくさんあるのですから、
今より減らすって……と思ったり思わなかったりなんかしちゃったりなんかして、
という悪い日本語の一例みたいな文章を書いてみました。

少なくとも合格者数を1500人ぐらいにしちゃったら、
法科大学院の淘汰(特に地方)ももっと進むんじゃないかなー、と思います。
大変だなー。
[PR]
by catsleeps | 2010-01-11 18:38 | 弁護士業務のこととか

三連休

なのですが、
とりあえず昨日事務所に来たらボスがいました。
さすがに今日はいないみたいです。ほっ(ん?)。

先週末は、ロースクールの同クラスで、
同じ派遣検事の先生に薫陶を受け、
研修所も同じクラスの同期の結婚式でした。

ローのときは本当によく飲んで、
だいたい、朝まで飲んだときに最後まで起きてた面子なので、
いろいろと話していた分、彼が幸せを形にしたのは、
とてもうれしいことだと思います。

おめでとう。

また、ロースクールの同クラスで同い年、
青森修習、青森就職の同期が、
東京に来ていたので、一緒に飲み。
有朋自遠方来、楽しかったデス。

が、愚痴が多かったような気もするので、
次に会うときまでには、環境を改善しておきたいなあ。

また飲もう。

今年の目標を立てよう、立てようと思いつつ、
流されるままに今年の業務がスタートしてしまいました。
いろいろと決断するにしても、やっぱり一年の計が大事なので、
しっかり考えておきます~。
[PR]
by catsleeps | 2010-01-11 18:27 | 2回試験のこととか
昨年は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年は弁護士2年目ですが、
まだまだ未熟なところが多いので、
1年目の緊張感をもって、
気を引き締めて仕事をしていきたいです。

いろいろとがんばりまーす。
[PR]
by catsleeps | 2010-01-02 02:27 | 毎日のこととか
ということで、勝間和代さんの本を読んでから、
ずーっとやってみたかったストレングスファインダ。

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」(日本経済新聞出版社)
を買わないと受けられないので、とうとう買ってやってみました。

このテストは、次のとおりのものだそうです。

【自分だけの特長的な資質】
「The Gallup Organizationが長年に渡って実施してきた調査によると、仕事を最も効果的に行うのは、自分の強みと行動を理解している人たちです。 このような人たちは、仕事や家庭生活で日々求められていることをやりこなす戦略的な能力に優れています。

自分にどのような知識やスキルがあるかを確かめることによって、基本的な能力はわかりますが、自分の本来の資質に気付き理解することによって、どのような行動を取ることで将来成功を収められられるかがわかります。

「自分だけの特長的な資質」のレポートは、あなたのStrengthsFinderの結果に基づき、上位5つの資質を強い順に並べたものです。 全34項目中、これらの資質があなたの強みの上位5つです。

「自分だけの特長的な資質」は、資質を最大限に活かし、将来の成功につなぐ手がかりとなります。 個々の資質に着目したり全体を概観することで、自分にどのような資質があるかをよく把握することができ、さらにそれらを強みとして成長させ、仕事やプライベートの両面で一貫してよい結果を得ることができます。」

で。約30分ぐらいかかるテストでしたが、
以下の5つが僕の才能だそうです。

【収集心】
あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。あなたが収集するのは情報―言葉、事実、書籍、引用文―かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を引かれるから集めるのです。そしてあなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚えるのです。世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。もし旅行が好きだとしたら、それは初めて訪れる場所それぞれが、独特な文明の産物や事柄を見せてくれるからです。これらは手に入れた後、保管しておくことができます。なぜそれらは保管する価値があるのでしょうか? 保管する時点では、何時または何故あなたがそれらを必要とするかを正確に言うのは難しい場合が多いでしょう。でも、それがいつか役に立つようになるかどうか誰が知っているでしょう。あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、モノを捨てることに不安を感じます。ですから、あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。

【調和性】
あなたは同意点を求めます。あなたは、衝突や摩擦から得るものはないという考えを持っているため、そのような争いを最小限にしようとします。周囲の人々が異なる意見を持っていることが分かると、あなたはその中の共通する部分を見出そうとします。あなたは彼らを対立から遠ざけて調和に向かわせようとします。事実、調和はあなたの行動を左右する価値観の一つです。人々が自分の意見を他人に押しつけるために無駄にしている時間の多さは、あなたには信じがたいほどです。もし私たちが意見を述べることを控え目にし、代わりに同意や支援を求めるようにすれば、皆がもっと生産的になれるのではないでしょうか? あなたはそうなると信じています。そしてその信念によって生きています。他の人が自分の目標や、主張や、強く抱いている意見を声高に話している時、あなたは沈黙を守ります。他の人がある方向に動き出すと、あなたは調和という名のもとに(彼らの基本的価値観があなたの価値観と衝突しない限り)、喜んで彼らに合わせてあなた自身の目標を修正するでしょう。他の人たちが自分たちのお気に入りの理論や考えについて議論を始めると、あなたは論争を避ける方向に持っていき、全員が賛同できる、実用的で地に足の着いた事柄について話すことの方を取ります。あなたの見方では、私たちは全員同じ船に乗り合わせていて、この船をこれから行こうとしている所に到着させる必要があるのです。それはしっかりした船です。単に自分が船を揺することをできることを示すために、わざわざ船を揺する必要などないのです。

【個別化】
あなたは個別化という資質により、一人ひとりが持つユニークな個性に興味をひかれます。あなたは一人ひとりの何が特別でどこが個性的なのかを覆い隠したくないので、人を一般化したり、あるいは類型化することに我慢できません。むしろ、個人個人の違いに注目します。あなたは本能的にそれぞれの人の性格、動機、考え方、関係の築き方を観察しています。あなたはそれぞれの人生における、その人にしかない物語を理解します。この資質によって、あなたは、あなたの友達にぴったりの誕生日プレゼントを選んだり、ある人は人前で誉められることを好み別の人はそれを嫌うことを分かったり、一から十まで説明して欲しい人と、一を示せば十を知る人とに合わせて、教え方を調整できたりするのです。あなたは他の人の強みをとても鋭く観察する人なので、一人ひとりの最も良いところを引き出すことができます。この個別化という資質は、あなたが生産性の高いチームを作ることにも役立ちます。完璧なチームを作りに当たり、チームの「組織構造」や「作業手順」に着目する人もいますが、あなたは優秀なチーム作りの秘訣は、各自が得意なことを充分にできるような、強みに基づく配役である、ということを本能的に知っています。

【学習欲】
あなたは学ぶことが大好きです。あなたが最も関心を持つテーマは、あなたの他の資質や経験によって決まりますが、それが何であれ、あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的なのです。あなたは何も知らない状態から能力を備えた状態に、着実で計画的なプロセスを経て移行することで活気づけられます。最初にいくつかの事実に接することでぞくぞくし、早い段階で学んだことを復誦し練習する努力をし、スキルを習得するにつれ自信が強まる―これがあなたの心を惹きつける学習プロセスです。あなたの意欲の高まりは、あなたに社会人学習―外国語、ヨガ、大学院など―への参加を促すようになります。それは、短期プロジェクトへの取組みを依頼されて、短期間で沢山の新しいことを学ぶことが求められ、そしてすぐにまた次の新しいプロジェクトへに取組んでいく必要のあるような、活気に溢れた職場環境の中で力を発揮します。この「学習欲」という資質は、必ずしもあなたがその分野の専門家になろうとしているとか、専門的あるいは学術的な資格に伴う尊敬の念を求めていることを意味するわけではありません。学習の成果は、「学習のプロセス」ほど重要ではないのです。

【回復志向】
あなたは問題を解決することが大好きです。さらなる困難に遭遇するとうろたえる人もいますが、あなたはそれによって力を与えられます。あなたは症状を分析し、何が悪いのかを突き止め、解決策を見い出すという挑戦を楽しみます。あなたは現実的な問題を好むかもしれないし、抽象的な問題、あるいは個人的な問題を好むかもしれません。あなたはこれまでに何度もぶつかって、解決できる自信がある分野の問題を探し求めるかもしれません。あるいは、複雑で馴染みのない問題に直面したとき、あなたは最もやり甲斐を感じるかもしれません。あなたが実際に何を好むかは、あなたの他の資質や経験によって決まるでしょう。しかし確実に言えることは、あなたは物事に再び生命を与えることを楽しんでいるということです。底に潜む要因を明らかにし、その要因を根絶し、物事を本来あるべき輝かしさへ回復することを素晴らしいと感じるのです。もしあなたの介入がなかったら、たとえばこの機械は、この技術は、この人物は、この会社は、機能を停止してしまった可能性があると本能的に分かっています。あなたがそれを直したのです。それを蘇生させ、活気を取り戻させたのです。あるいは、あなたらしい表現で言えば、あなたはそれを救ったのです。

細かい表現はさておき、自分ではとても納得の行く結果でした。
……やらなくてもよかったんじゃあ?(笑)
本自体が面白いので、買って損とは言いません。

むかーし、なんとなく、自分がどういう仕事に就きたいかを考えたときに、
「弁護士っていいな」と思ったのですが、
感情的に「いいな」と思った理由(内緒)とは別に、
客観的な面(自分の性向)で分析したことが似ていたので、
変な言い方かもしれませんが、ちょっと安心。

弁護士、とりわけマチ弁というか、
一般民事を全般的に扱う今の仕事が、
自分の性に合っているというのは、あながち間違いでもないのかな、
と思ってみたり。

今年の目標は、これらの才能に磨きをかけていくこと。
がんばりまーす。
[PR]
by catsleeps | 2010-01-02 02:16 | 弁護士業務のこととか