日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

クラス会

先週の土曜日は、研修所のクラス会がありました。

遠方で就職した同期が飛行機で飛んできたり、
教官のお話を聞いたり、同期の仕事ぶりを聞いたり、
とても楽しかったです。

銀座の隠れ家みたいなお店で、
雰囲気も、とても良かったです。

民裁教官には、ブログで近況報告ができているもよう。
たまに見ていただけるだけでも、光栄です。

……参加者全員の前で言及していただき、
2次会で、また1人、クラスの同期に特定されてしまいました。
ちゃはー(誰?)。

2次会、最後までいられなかったのが残念。

日曜日は、土曜日のツケを支払うべく、
準備書面の起案と、尋問事項の検討と、
ちょっとした勉強+メモの作成。

今日は朝から接見、尋問、接見、
相談、打ち合わせ、起案、事務処理、
報告、起案、事務処理、起案、会議という感じです。
ひさしぶりに弁護士っぽいか。
[PR]
by catsleeps | 2009-10-26 18:58 | 弁護士業務のこととか

自己暗示

今日は、朝、要領の悪い1日になるという占いを見たせいか、
いろんなところで要領の悪さ全開な1日を過ごしました。

なんとか最低限の仕事はしてますが、
時間のロスが大きいです。午前中に2時間、
午後に1時間半はセーブできたのに……。

今もコピーに失敗し、ちょっと気が緩んでいる、
注意力散漫という状態になっているのかも。
気を引き締めなくっちゃです。

さきほど電話で、ちょっと重たい仕事を、
「今週末締切で」と言われてしまい、フラグが立ちました(何の?)。
今週末は激速で仕事をこなさないと、ほっとする暇もなさそうです。

要領良い!要領良い!要領良い!

えー、お見苦しいところをお見せいたしまして、
すいませんでした。

さて、堀鉄平「弁護士開業・業務マニュアル」読了。
5か所ぐらい犬耳ができました。

平行読みしている矢部正秋「プロ弁護士の思考術」(PHP新書)は、
まだ途中ですが、若手弁護士への苦言が書かれていたりして、勉強になります。
「それなのに若手の弁護士は、つい物事を一般化し、機械的に判断してしまう。」
「若手の弁護士なども、相手の信用性を確認しない例が多い。」
耳の痛い話ではありますが、がんばりまーす。

そうそう、同期が結婚式を挙げるそうで、
いやー、めでたいめでたい。あ、めでてえな、と(佐七親分)。
末永く幸せな家庭を築いてください。
[PR]
by catsleeps | 2009-10-23 19:25 | 弁護士業務のこととか

弁護士の手帳

というわけで、東京都弁護士協同組合から、
弁護士手帳が送られてきました。

弁護士で手帳というと、あとは、訟廷日誌でしょうか。
そういえば、修習の終わりのころに、
裁判所で配れた手帳もありましたっけ。

個人的には、弁護士用の手帳は、
非常に見にくいし、使いずらいので使ってません。

協同組合のは、来年から送付を希望するかどうか、
調査票が同封されていたので、
要りませんとお答えしておきました。

PRESIDENTでも、日経Associeでも、
手帳の特集していますが、バーティカル式というのが気に入ってます。

予定の始まる時間から終わる時間まで線を引いて、
視覚的に把握できるのが良いのです。

僕が使っているのは、能率手帳ネクサスverticalというやつで、
スーツの内ポケットに入るサイズで、見開き1週間、土日は半分タイプです。
右端が切り取れるようになっていて、しおりがなくても片手で今日の日付が開けます。

弁護士会のイベントとかは、年度で決まってて、
春先に次の年の1月から3月までの予定を言われても、
メモする欄がないというのが、この時期の手帳の不便なところです。

が、この手帳は、手帳の表紙の裏に、
別冊式の月間カレンダーが翌年3月分までついているので、便利なのでした。

あとは、グーグルカレンダーを併用してます。

転記の際のミスが、とか問題点もありますが、
これは自分のためというよりは、
事務局に予定を共有してもらうためのものなので必須。

・to doリストをスケジュールに落とし込む
・実際の行動も記録してPDCAサイクルをまわす
とかはできてないので、まだまだ活用の余地がありそうです。

今買うならAssocieに出ていた能率手帳のリスティでしょうか。
JMAM eショップで買えるそうです。
[PR]
by catsleeps | 2009-10-21 12:34 | 弁護士業務のこととか

弁護士の引き際

ずいぶん自分とは期が離れた先生から聞いた話。

その先生は、「反対尋問を終わったあとに、
『あ、あれを聞くの忘れた!』と思うことが増えたら、
弁護士としての頭の瞬発力が衰えてきたということだから、
下の代の先生に、どんどん仕事を割り振っていくべきだ」
というお話をされていました。

なるほどなー、と思う反面、
「あ、あれを聞くの忘れた!」と思うことばかりになりそうで、
反対尋問の事前準備をガリガリやりそうな自分がちょっとイヤです……。
準備しても「あ、あれを聞くの忘れた!」ばかりだったら、どうしようorz

最近、家のPCが起動しなくなり、
若干、刑事事件でバタバタしているため、
いろいろと滞っていますが、なんとか生きてます。
[PR]
by catsleeps | 2009-10-16 12:40 | 弁護士業務のこととか

蟄居

ずいぶんとひさしぶりに丸1日、事務所に引きこもりでした。

分量の小さい起案を小ナス日和。
[PR]
by catsleeps | 2009-10-07 19:45 | 弁護士業務のこととか

昨日は

丸1日休むぞという不退転の決意のもと、
惰眠をむさぼり、本を読んで、
仕事もせずにだらだらと過ごしました。

……と言えれば、どんなに良いか!

結局、仕事をしないことの罪悪感に負け(涙)、
持って帰ってきていた(笑)記録を見ながら、
準備書面を1本起案しました(1本だけかよ)。

うちにいても、
「あー、事務所に行けば、あれもできる、これもできる、
あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と考えてシマリス(意味不明)。
外出も電話もない土日は仕事が捗るのですが、
これはいよいよ超早朝出勤とかを考えないとだめかしら。

onとoffの切り替えは別にいらないと思ってたのですが、
上手くできたほうが良いかもと思う日曜日でした。

でも、しっかり小説も読んだりして。

クリストファー・プリースト「奇術師」(ハヤカワ文庫)。
19世紀末ころのイギリスを舞台にしていて、少し不思議(SF)です。
あ、少しSFっぽいガジェットが使われています。
クリスチャン・ベール主演で映画化されてたり。
[PR]
by catsleeps | 2009-10-05 01:24 | 弁護士業務のこととか

略語あれこれ

コメント欄に頂いた質問から。

Jは、裁判官のJudgeです。

Pは、検察官のProsecuter(プロセキュタ)から。

Kは、警察(Keisatsu)から。Pと書くと混乱しますし。
刑訴の検面調書はPS、員面調書はKSと略します。
このSはstatementのSなんでしょうね。

Aは、被疑者・被告人のarrestedとaccused。
Vは、被害者のvictimeから。

Bは弁護士(Bengoshi)のようです。

まったく関係ありませんが、
僕の同期は、準備書面のことをJSと省略してました。
[PR]
by catsleeps | 2009-10-03 15:51 | 弁護士業務のこととか

番宣

というわけで、
痴漢冤罪を題材にしたドラマの宣伝です。

フジテレビの特別ドラマ企画
誰かが嘘をついている」は10月6日火曜日の、
午後9時8分からだそうです。

この番組の助監督が、僕の高校の先輩でして、
僕が国選事件の公判に行ったら、たまたま傍聴されてて、
先輩が高校卒業して以来10年以上ぶりの再会を果たしたのでした。

今も他の連ドラの撮影でお忙しいようですが、
自分の夢を叶えていってるのがすごいなあ、と思います。

負けないようにがんばらなくっちゃ!

今日は、某簡裁に行ったところ、
昔の勉強仲間のIさんと、こちらも数年ぶりに再会。
当時から司法書士として働かれていたのですが、
現在は、簡裁代理権の資格をとられたそうで、
お元気そうでした。

今年は、「再会」がキーワードなのか?
[PR]
by catsleeps | 2009-10-01 17:56 | 弁護士業務のこととか