日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:要件事実(民事)のこととか( 2 )

2 終了原因として期間満了が主張された場合

(1)期間満了

<民法>
20年以下の契約期間の場合
→契約における存続期間の経過
20年を超える契約期間の場合
→20年の経過
<借地借家法>
30年以下の契約期間の場合
→30年の経過
30年を超える契約期間の場合
→契約における存続期間の経過

ア 建物所有目的の抗弁に対して,民法上の存続期間満了の請求原因と借地法等による存続期間の満了を選択的に主張
・上記期間の満了
イ 当初から建物所有目的を自認,借地法等による存続期間の満了を主張
(ア)XY間,賃貸借契約に付き建物(or堅固建物)所有を目的とする合意
(イ)借地法等による存続期間の経過

(2)建物所有目的の抗弁及びこれに関する攻撃防御
ア 建物所有目的
・XY間賃貸借契約に付き建物(or堅固建物)所有を目的とする合意
イ 一時使用
民法上の期間満了
←E:建物所有目的
←R:(1)短期間に限る合意
(2)一時使用の評価根拠事実
←D:一時使用の評価障害事実
[PR]
by catsleeps | 2006-01-23 23:41 | 要件事実(民事)のこととか
1.主たる請求の訴訟物
賃貸借契約の終了に基づく目的物返還請求権としての建物収去土地明渡請求権1個

2.請求原因事実
(1) XがYとの間で土地賃貸借契約を締結したこと
(2) XがYに対し,(1)の契約に基づいて土地を引き渡したこと
(3) (1)の契約の終了原因事実
(4) (2)の引渡し後,(3)の契約終了までの間に,土地上に建物が付属させられたこと,③の契約終了時にその建物が土地に付属していたこと

*(1)について
→賃料額の合意及び返還時期(賃貸期間)の合意
*(3)について
→期間満了,解約申入れ,解除
[PR]
by catsleeps | 2006-01-22 02:24 | 要件事実(民事)のこととか