日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:弁護士業務のこととか( 173 )

も、もう

ダ…メ……ぽ……。
しばらくさがさないでください。
[PR]
by catsleeps | 2010-11-27 20:00 | 弁護士業務のこととか

そういえば

先週の金曜日から二回試験が始まっていました。
受験しているみなさま、ファイトです。

うちの事務所の修習生も、無事、通るといいなあ。
今日も寒いので、風邪にはお気をつけください。

一時期、和光でインフルエンザが流行って、
教官からメールがきていたりしたようですし。

昨日は、某所にて同期と飲み。
とても楽しかったです。
またいきましょー(って誰か見てるのか?)。

ひさしぶりにCDを買いました。
いきものがかりのベスト盤。
気まぐれロマンティックのPVが好きです。
[PR]
by catsleeps | 2010-11-23 06:54 | 弁護士業務のこととか

黙祷と自省

今日はロースクールの恩師の命日。

普段は仕事に押し流されてるので、
今日ぐらいは、
ちゃんと弁護士してますよ、と報告できるか、
油断したり、気が抜けていたりしないか、
背筋を伸ばして考えてみる。
[PR]
by catsleeps | 2010-11-15 19:54 | 弁護士業務のこととか
落ち着いて考えをまとめる余裕がなくない今日この頃。

ううん、いけず(?)。

あ、でも、米澤穂信「インシテミル」をなんとか読了。
面白かったです。

最後は読むのをやめられなくて、歩きながら読んでました。
……ちょっと危ないか。

あと1冊、会計の本で、とても勉強になる本を読んだのですが、
手元にないので書名が思い出せなかったり。残念。
[PR]
by catsleeps | 2010-11-11 21:50 | 弁護士業務のこととか

癒しグッズ

先日、よその事務所にお邪魔する機会があったのですが、
そこの事務所には、なんと熱帯魚の水槽がありました。

ほへー。

たしかに、たーまに見ると、
癒されるような気がしないでもないです。
熱帯魚屋さんとか楽しいですし。

絵とか写真とかも好きなので、
飾って良いなら、なんか好きなものを置いてみたいです。

今のところ、事務所では、おとなしーく、
好きな文房具(黒猫やかえるのシール貼ったり)に
囲まれていたりするぐらいなので(充分か)、
なにか持ってこようかなあ。
[PR]
by catsleeps | 2010-10-28 22:34 | 弁護士業務のこととか

めずらしく

今日はお昼休みを除いて事務所から出ませんでした。
その割にはなんかぐったりしてるなあ。

なんとか生きている今日この頃、
みなさまは、いかがお過ごしでしょうか。

ソフトサラダが美味しいです。
バリバリむしゃむしゃ。

気がつくと10月ももう終わりが……。

ヤマザキマリ「世界の果てでも漫画描き」の1巻を読みました。
キューバに旅行に行ってみたいなー、と思いました。
影響受けまくりです。

ローの同期の1人がものすごくマーケティングを勉強していると聞き、
一緒に研究会でもしませんか、と言ってみようか迷い中。

ちょっと期が上の先生から、
「1年間、仕事だけに集中すれば、見えてくるものがあるから」と言われました。
なるほどー。

(仕事だけに集中していないのか、という疑問はさておき)仕事がんばります。
今週は怒濤のゲラ校正(←仕事か?)なので、気合いいれなくちゃ。
[PR]
by catsleeps | 2010-10-26 19:37 | 弁護士業務のこととか

初立川支部

先日、初めて立川支部に事件がかかり、
行ってきました立川支部。

立川支部から事務所までかかる時間を比べると、
自宅から立川支部までは、なんと1/4で行けるという便利さ。
事務所に行くより近いのです。

立川支部は、新しくてキレイなのですが、
待合室に入り口が2つあったり、
中身はスッキリしてそうで、スッキリしていない作りでした。
案内図を見ても、パッとわからない感じ。

残念ながら、まだ地下の食堂はチャレンジしてません。
次行く機会があったら、寄ってみたいと思います。

電車に乗っている時間が長いので、
本を読みたいのですが、居眠り時間になってしまいました。

立川駅のe-cuteの本屋が結構好きで、
帰りがけに、面白そうな本を何冊か買いました。
読んで面白かったら、書くかもです。

そうそう、今は、
カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」(日経BP)
を読んでいるのですが、これがとても面白い。

プレゼンと言っても、せまい意味のプレゼンじゃなくて、
とーっても広い意味で、なにをどうプレゼンするのかを考える作業が、
仕事に役に立つと思います。

英語の勉強にもなるので、一石二鳥な感じです。

まだ半分ぐらいですが、3000円分ぐらいの価値があると思います。
(かと言って、これ以上読み進めても高くはならない気もします)
値段は1800円なので、だいぶお買い得だと思いました。
[PR]
by catsleeps | 2010-10-15 23:02 | 弁護士業務のこととか

先日

ローの同期の結婚式に、同期と出かけたのですが、
帰りの電車の中で車の話になったときに、
「最近アウディのこと書いてある本を読んでさー」
「あ、それって」と話題になったのが、
山崎将志「残念な人の思考法」(日経プレミアシリーズ)。

続編(?)で同じ著者の、
「残念な人の行動習慣」という本もあるのですが、
両方とも、残念といわれてしまう人と、
いかに自分が同じことをやっているかがわかり、
とても勉強になりました(笑)。

1000円分ぐらいの価値はあったかな、と思って、
値段を見たら850円だったので、
150円分ぐらいお得だと思います。

フレームワークって役に立つよ、という話とかも、
なるほどねー、とか思いましたが、
その後に読んだ、大前研一氏の、
身も蓋もないプレジデント2010.11.1号の記事を見て、
それもそうだなー、と思ったり(なにがどうなんだ?)。

あと、桝田淳二「国際弁護士」(日本経済新聞社)も、
いろいろと面白かったです。

留学とかは行く気はまったくないのですが、
知らない世界のことがわかるのが、なんとなく楽しい。

宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」8巻も、
相変わらずなごみ系の面白さでした。

さて、同期の結婚式では、
超ひさしぶりの劇的な再会もあったり、
前泊した際に旧交をあたためたり。

他方で、せっかく誘ってもらった、
結婚式の二次会には行けなかったこともあったりで、
楽しかったり、残念だったりしている今日この頃です。
[PR]
by catsleeps | 2010-10-14 22:55 | 弁護士業務のこととか

テルマエ・ロマエ2巻

読みました。

相変わらず和む面白さです。
温泉とか銭湯とか行きたくなりましたデス。
[PR]
by catsleeps | 2010-10-06 23:31 | 弁護士業務のこととか

最高裁

2010/9/25一部修正しました。

「このため最高裁は、日弁連に対して2度にわたって質問状を出した。「大学で奨学金を受けた者が貸与を受ける事態は当初から想定されており、そうした点も考慮して貸与額、猶予期間、返済期間が定められている」と、貸与制への移行に無理はないという立場を鮮明にしている。」
http://www.asahi.com/national/update/0918/TKY201009180163.html

と、ボ2ネタで詳解されていた記事ですが、
なんで最高裁がこんなことに口を出して来るんでしょうか。
政策論でしょ?と思ったり思わなかったり。

こんなことされると、修習生の給費制廃止は、
財務省からずーっと狙われている裁判官の俸給の削減を見逃してもらう代わりに、
そっと最高裁から差し出された生け贄、という、
まことしやかな嫌な噂(よく耳にするのですが)が信憑性を持ってきます。

生け贄がなくなったら困るよなー、たぶん。
いや、噂が本当だったら、ですけれど。

それに、「無理はない」って許容性の議論にしか過ぎなくて、
そうすべきだっていう必要性はどこにあるのでしょうかー。
日弁連は、給費制にすべきではない、という「べき」論をしてるのに……。
無理がなきゃなんでもしていいのかなあ(はあと)。

司法制度改革では裁判官の増員だって要請されていたはずなのに、
そんなのまるっとどこまでも無視していることについては、
気にしてないみたいです。

裁判官の増員も無理はないですよね?

日弁連も質問状でも出せばいいのに、と思います。

同じ記事。

「また、日弁連が論拠に挙げたデータにも触れ、「修習生の47%は借金がないのに、全員一律に給与を払う必要があるのか」「新人弁護士の4分の3は初年度の年収が500万円超なのに、返済は困難といえるのか」と指摘。」

日弁連は、こういう情報は、地道なアンケートで集計しているのです。
修習生の47%って、回収率は検討したのかな、と疑問。

アンケートからこぼれてる借金層もいっぱいいるし、
新人弁護士の給与も、低い人ほどアンケートに答えたがらないでしょうし、
ましてや、弁護士は、そこから弁護士会費や保険料とか
判例検索サービス費に書籍代とか、
いろんな経費が差し引かれていきます。

毎月(だったかな?)2万円の書籍購入のためのお金が出る人たちとは違うのです。
※コメント欄でご指摘いただきましたが,もう廃止されているそうです。
関係各位のみなさまには事実と異なる説明したことを謹んでお詫び申し上げます。

みかけの年収でどうこう判断するのは難しいと思うのですが、
そのあたりを一切考慮しないかのようなご発言は、さすがです。

うん、ずーっと大昔から給費をもらってきた方々の中でも、
一律に給与を払う必要はないとお考えの方々から、
遡って給費を自主返納とかいう動きがあれば、
非常に説得力も出て、かっこいいのになあ。

いっそ新合格者からとかいわずに、
返せる状態の人から、修習期にかかわらず、
みんな返すようにしたらいいんじゃないのか、
とちょっと思ったり。

たまには好き放題言ってみました(あ、いつもか)。
[PR]
by catsleeps | 2010-09-21 03:07 | 弁護士業務のこととか