日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:2回試験のこととか( 26 )

最終日は刑事裁判

被告人と犯人との同一性でした。
小問もいくつか。

というわけで2回試験全過程終了。
励ましのお言葉をいただいた皆様、
ありがとうございました。

あとは12月16日発送の不合格通知を受け取るだけ!

……orz

そんなことにならないといいなあ。

昨日は、朝、バスの中で聞いたうわさが当たっていたり、
試験前に刑弁ですごい地雷を踏んでいたことに気づいたり、
終わったあとの飲み会が楽しかったりな1日でした。

人気旅行先は、トルコのようです(笑)。
みんなだいたい同じ日程なようで。

あとは自宅でゴロゴロするとか、
帰省するとか、趣味を復活させるとか、
そんな感じの話が多かったです。

僕はとりあえず部屋の片付けをする予定。
[PR]
by catsleeps | 2008-11-27 11:50 | 2回試験のこととか

4日目は刑事弁護

そういえば、今月号のLIBRA、
「刑弁でGO!」って特集でしたね。

「刑弁でドン」とか「刑弁でポン」とかには、
ならなかったみたいです。

民事弁護は、問題文の別紙により、
頭書部分は省略可でしたが、
刑事弁護は、貸与資料として、
頭書部分の参考書式が配られました。

印漏れだけに注意すれば良いので楽です。

中身は弁論要旨の起案でした。
弁護士の尋問が効果的な記録だったと思います。

帰りの電車の中で、
「初日の科目欄に民裁って書いてない気がする!」と
恐怖におののいていた人がいました(誇張です)が、
民裁は科目名が印刷してありました。

教室によっては、修習生からの問い合わせに、
「なんとも言えません」と答える試験監督だったり、
「初日は印刷してあったので書く必要はありません」と
教えてくれる試験監督だったりで、
若干、精神安定に影響ありかも。

さて明日は最終日の刑事裁判だそうです。

クラスの打ち上げがあったり、
親しい修習生同士で打ち上げをしたり、
いずれにせよ飲む人が多いと思いますが、
美味しいお酒を飲むために、
そぞろになりがちな気分をグッと押さえて、
ラスト1科目がんばりましょー!
[PR]
by catsleeps | 2008-11-25 23:17 | 2回試験のこととか

3連休も終わり

明日は刑事弁護だそうです。

小問による救済がないので、
気を引き締めていかないと……。
……今まで気を引き締めていなかったのか?

刑弁では、違法収集証拠排除法則が出るとのうわさあり。
勉強しておかなくっちゃ。

そういえば、刑裁に向けて、
量刑分布一覧も見ておかないと。

昔の修習生は、
前期修習のころは、量刑感覚がバラバラでも、
実務修習を終えて、和光に戻ってきたときには、
だいたい量刑の相場が一致するようになっていたそうです。

「でも、君たちは、実務修習終えたのに
量刑の感覚がバラバラなままなので、
1回しっかり見ておきなさい」と教官にいわれて、
そのまま放置してました(汗)。

あうー(涙)。
[PR]
by catsleeps | 2008-11-24 19:48 | 2回試験のこととか

3日目は検察

今日もたくさんの地雷を踏んできました(涙)。

犯人性起案に、犯罪の成否の小問、
その他刑法と刑訴の小問がありました。

なんと言っても面白かったのは、
主任検察官の名前が、
「久利生竜平」だったことでしょうか。

そう来たか!

他にも被害者が「国定忠」だったり、
被疑者が「森野石松」「清水次郎」だったかと思えば、
警察関係は「銭形平太」「近藤勇司」「土方歳男」「沖田……」。
裁判所は「大岡越後」「長谷川平五」だったかな……。
後半はウロボロスじゃなくてうろ覚えですが(汗)。

いろいろ創意工夫がされているようです(にこにこ)。

そう考えると昨日の民事弁護の登場人物の名前は、
あまり面白くなかったかも。

「和光修」「成増研一」「成増法子」「朝霞司郎」とかでしたし。

今日の帰りは、結構飲みに行った人もいるもよう。
余裕があってうらやますぃ。

綴りひもですが、
2日目に結び目は表と裏どちらでもいいと訂正された、
という話もありつつ、まだ表側に!という指示が出た教室も
あるとのうわさもあり。

暖房は、寒いと苦情を言うと、
今度は暑くて頭がぼんやりするほど
暖かくなる、という噂もあったりするので、
寒いままガマンするのが良いのではないか、
という人たちもいます。

そういえば、今日は綴りきれなかった人が出たという話も聞きました。
封筒に入れられて持って行かれてしまうそうです。
切ないなあ。

週明けは、刑事弁護と刑事裁判だそうです。
[PR]
by catsleeps | 2008-11-21 23:22 | 2回試験のこととか

2日目は民事弁護

中身については相変わらず触れない方向で。

教室ですが、
階段教室では、かなり暖房が入っているのか、
暖かいそうで、人によっては上着を脱ぎ、
袖まくりで起案しているところもあるそうです。

その一方で、中教室では、かなり寒く上着が必須、
コートを羽織ったり、ひざ掛けを使い、使い捨てカイロを使用して、
寒さに震えながら起案しているところもあるそうです。

すごい差だなあ。

あと、教室によっては、起案の閉じ方で、
結び目を表紙側に作って綴じる、
という指示があるところもあれば、
特に指定がないという教室もあるようです。

相変わらず朝9時過ぎぐらいには、
中講堂は半分ぐらい埋まっている気がします。

帰りのバスが長蛇の列になっているのが悩ましいところ。
風に吹かれて待っているのが切ないです。

和光まで歩くのもありかなー、と思いました。

さてさて民事裁判は、主張整理で致命傷があったため、
あとはなんとか可で踏みとどまってくれることを祈るのみ。

明日は検察起案です。
帰りのうわさでは、贈収賄だとか、
財産犯で送致替え(?)だとか。
[PR]
by catsleeps | 2008-11-20 21:20 | 2回試験のこととか

初日は民事裁判

きみどりと、きいろの細長い付箋が、
ぺたぺたと草稿用紙にくっついていました。

草稿用紙は、ただのA4サイズの無地の紙ですが。

第1問の表紙の色は普通で、
第2問は水色(?)でした。

答案用紙の紙質が良くて素敵でした。

受験上の諸注意は、
かなり徹底されてたと思います。

問題の中身については触れませんが、
主張整理起案の白表紙の最初のページを開いて、
当事者が「矢吹丈二」と「力石徹男」だったのを見て、
「明日のジョーかよ!」と笑ったのは、僕だけでしょうか。
緊張感がなくてすみません。

朝、かなり早めに行ったつもりだったんですが、
中講堂は、結構埋まってました。

階段が狭くてなかなか上れず、
遅刻ギリギリになった人もいたので、
なるべく早めに行ったほうが良さそうです。

明日は民事弁護だそうです(?)。
[PR]
by catsleeps | 2008-11-19 23:31 | 2回試験のこととか