日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:検察のこととか( 8 )

共謀の要件事実

1)犯意の相互認識
2)正犯意思
3)共同実行の意思の合致
4)客観面が共謀内容と整合

正犯意思は、動機、地位・役割、
具体的な行動、利益の帰属等から認定。
[PR]
by catsleeps | 2008-03-19 01:27 | 検察のこととか

窃盗罪の要件事実

客観面
1)被害品がA以外の者が所有し、
かつ占有する財物であること
①財物生
②他人の所有
③占有(占有の事実、占有の意思)
2)(暴行・脅迫・欺罔等によらず)他人の占有し、
かつ所有する財物を自己の占有へ直接移すこと

主観面
1)窃盗の故意
2)不法領得の意思
[PR]
by catsleeps | 2008-03-16 21:38 | 検察のこととか

恐喝罪の要件事実

客観面
1) 財物その他財産上の利益を供与するように要求する言動
2) 1)に向けられた暴行・脅迫
3) 2)により相手が畏怖したこと
4) 財産上の利益の供与を受けたこと
5) 3)と4)との間の因果関係

主観面
1)恐喝の故意
2)不法領得の意思
[PR]
by catsleeps | 2008-03-16 21:33 | 検察のこととか

草書と楷書

終局処分の考え方に
習熟するためにはどうすればいいですか?
という質問に対して、教官曰く。

みなさんが普段処理している事件を素材に、
実際に起案してみてください。

意外とかけないと思います。

指導係の検事の方に事件相談に行くと、
あるポイントだけを指摘されて、
各項目をしっかり検討しているようには、
思えないかもしれません。

でも、それは考え方を十分身につけたあとの、
いわば草書のようなものであって、
みなさんはまず楷書を覚えてください。
[PR]
by catsleeps | 2008-02-28 21:57 | 検察のこととか

A起案の書き方

1)逮捕手続の適法性の検討(逮捕の要件,執行手続)
2)時間制限の検討(48+24 w/i 72)
3)司法警察員への引致
4)逮捕事実と勾留請求事実の(社会的)同一性(A+B)
5)犯罪の嫌疑(犯人性,犯罪の成否等)
6)刑訴法60条1項各号の該当性と実質的必要性
→ 2号が中核
可否と要否わけなくてよい
(7)接見禁止等の措置をつけるか)
8)補充捜査事項
[PR]
by catsleeps | 2008-02-19 20:21 | 検察のこととか

模擬弁解録取1件目

修習生同士で、
検事役と被疑者役に分かれて、
弁解を録取していくのですが、
これがとてもむつかしい。

頭をつかいます。

さらに、決済で自分のできなさっぷりを痛感。

どこが攻めどころなのか、
なかなか自分を客観的に見られていないのです。

でも、「模擬」だからこそ、
いっぱい痛い目にあうのが正解だそうで……。

明日は役柄を交替して、
別な事件について2件目の模擬弁録。

その後、講評があるので、
しっかりと冷蔵庫に入れて冷やしておきます(何を?)。
[PR]
by catsleeps | 2008-02-05 00:24 | 検察のこととか

2日目と3日目

講義、講義、起案、解説。
起案、講義。

と、怒濤のように過ぎ去っていきました。

なんと言っても、定時に帰れるのが、
とてもうれしいです。

実際に事件を扱うようになれば、
時間が足りないです!
残らせてください!
と思うようになるのかも。

検察の起案は、AとBにわかれていて、
A:第1分冊で勾留請求するかどうか
B:第2分冊で起訴するかどうか
を起案させるものでした。

個人的には、
法総研の記録を使って似たようなことをする
ゼミに参加してたりしたにもかかわらず、
すっかり刑訴や刑法の知識を忘れてて、
嫌になってしまいます。

でも、そんな起案を読まされる指導係のかたは、
もっと大変ですよねえ。

非常に申し訳ない気持ちでいっぱいいっぱい……。
[PR]
by catsleeps | 2008-01-31 22:17 | 検察のこととか

検察初日

というわけで、昨日から検察庁に。

初日は、開始式、講話、庶務連絡、
座談会という名の自己紹介タイム。

がっかりしたとか、落胆したとか、
想像力に欠けているとか、
いろいろ言われたような気がしますが、
(適宜、気が遠くなっていたので真実かどうかわかりません)
めげずにがんばっていきましょー。。。。
(むしろ、堪え忍ぶ、か?)

とりあえず、2つの大部屋に分かれはするものの、
全員が一同にそろっているという環境は、
面白いと思います。

そうそう、新60期も、新61期も、
現行試験の論点主義の弊害から
抜け出せていないように見える、
とも言われてたような気がしますが、
分析の仕方によっては、
大変興味深いと思います。

原因を考えてみたり、
反省してみたり、
対策を考えてみたり、
いじけてみたり、
開き直ってみたり、
ハシゴをはずされてみたり、
僕たちはいったいなにをどうすればよいのか、
考えるしかナイト2000フォンフォン、ハイ、マイケル。

……たまには、シベリアを超特急で旅行するのもいいかと。
[PR]
by catsleeps | 2008-01-30 22:59 | 検察のこととか