日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:勉強のこととか( 433 )

合格発表後から

昨日までで、210通以上添削したことになってました。
修習までに250通にはなると思います。
つ、つかれた……。
[PR]
by catsleeps | 2007-11-21 02:31 | 勉強のこととか

民事法の

3の13は、委任を扱っているのですが、
非常に解説がわかりにくいと思います。

山本和彦先生担当の部分も、
ちょっとピンボケしてるんじゃないでしょうか、と、
現行試験の過去問分析の手法からすると思います。
ゼミやってて突っ込まれて、そう気づきました。

やっぱり、良い問題(現行試験の過去問)は、
一見バラバラの小問を通じて、
ひとつの大きな考え方を気づかせる、
そういうものだと思うので、
解説が小問に合わせてバラバラだと、
どうかなーと思います。

昨日は朝から民法のゼミをして、
ゴーゴーカレーでお昼ご飯を食べて、
トッピング無料券をもらいました。

その後、刑法の採点講評を書き、
添削をして、夜もまたゼミ。

そして1日を通して、風邪が激しく悪化。
帰るときには死にそうになってました。
夜23時過ぎに、新宿で晩ご飯。
ちょっと切ない。
[PR]
by catsleeps | 2007-11-16 17:37 | 勉強のこととか

日曜日に

風邪を引いたまま東京に戻り、
間に合わない添削を大量に抱え、
月曜日は民事訴訟法のゼミ。

とりあえずゼミの答案12通を急いで添削。
その後、ゼミの時間まで地道な添削作業へ。

次回は、今年の本試験の問題の、
解説をするのを忘れないこと。

明けて火曜日。
夜通しで添削と思いきや、
風邪が悪化→明け方にダウン。
答案催促の電話で目が覚める(>_<)。
泣きながら学校へ。

途中、夏のゼミの受講生が、
明後日行政法の中間テストなんです!というので、質疑応答。
Hill Topのケーキをごちそうしてもらいました。
美味しかったです。嬉しいなあ。

明日は朝10時から民事訴訟法のゼミ。
採点講評も書いて提出すること。
[PR]
by catsleeps | 2007-11-13 23:59 | 勉強のこととか

憲法の過去問を

検討するゼミのために、添削。
その後、別な刑法の問題も添削。

控え室みたいなところでは、
若手の合格者が、仲間内でゼミをするとかで、
刑事事実認定重要判決50選と、
大コンメンタール刑法を読んでいました。
すげえなあ。

僕はといえば、課題の話にもついていけません。
だってまだ問題も見てないし(汗)。しょんぼり。

そんなわけで、添削です。
隣に座っていた人も添削。
ここはユーキャンか、進研ゼミの赤ペン先生工場か、
というツッコミが面白かったです。

字の丁寧さは大事ですよねー、
という話で盛り上がる。
読めない字の人が多いです。

まあ、でもとんでもない悪筆の人も受かっているので、
かなり汚い字でも、本試験では、一応は読んでもらえる模様。

その後、憲法のゼミ。

新司法試験になってから、出題趣旨も長めだし、
ヒアリングの結果も出てて、分析すればするほど、
何をどう書けば良いのか、わかるようになっています。

まだやってない人には、オススメです。
[PR]
by catsleeps | 2007-11-08 00:24 | 勉強のこととか

東京地検では

事前にビデオ上映会がされることになったみたいです。
なかなか会えない同じ組の人との初顔合わせになりそう。

あと、担当の検察教官とも、
初めてちゃんと話す機会がありそうです。
(検察の説明会のときにお話を伺う機会はありましたが)

リンクさせていただいている
Oh!姐御」さんの記事から。
司法試験委員会会議によると、
来年の新司法試験の日程、
水曜から始まって、週末も使うんですね。
へえー。

あと、短答式のカンニングがあったんだ、というのと、
3年間の受験停止になるんだ、というのを初めて知りました。

なんだか毎日バタバタしてて、
どうしようもありません。
[PR]
by catsleeps | 2007-11-07 03:28 | 勉強のこととか

季節の移り変わり

もう朝晩の空気が寒くてたまりません。
東北出身のくせに、寒さにはめっぽう(死語?)弱いです。

昨日は民事系のゼミ。
答案添削の量が少し減って10通。
一部請求がらみの問題と、金銭消費貸借契約関係の問題。
利息天引きの際に、何が元本になるのか、
利息制限法2条の文言を読めてない人が多かったです。

日曜なのに、意外と学校に人が多く、
少しオドロキました。

来年の本試験まで、
残り190日を切ったみたいです。

あと半年かあ……。

短いようで、いろいろできますし、
いろいろできるようで、あっという間なので、
来年受験するみなさま、頑張ってください。
僕は今頃は学校の授業に追われていました。

シディークが撤退した後に出来たゴーゴーカレー、
金沢カレーなんてジャンルがあるんですね。
今日の10時55分から先着555名様に限り、
カレーが55円だそうです。

地方修習の人の部屋探しは今が佳境みたいで、
中には紹介された物件が転貸借だという人も。
東京修習で、和光の近くに住む人もいるそうです。
なるほど、それはいいアイディアだなあ、と思いました。

やるべきこと
・民訴のレジュメ作り
[PR]
by catsleeps | 2007-11-05 00:51 | 勉強のこととか

11月の

19日から、もう二回試験なんですね。
刑裁、 検察、 刑弁、 民裁ときて、
23、24、25と休みで最後が民弁だそうです。

新61期は27日から修習開始だから、
ちょうど入れ違いなんですね。

そういえば、探していた本を見つけて買いました。
ついでに岡口裁判官の要件事実問題集も。

噂では、民裁スタートが一番大変じゃないのか、
と民事部の裁判官の方がおっしゃってたそうな。

前期とか導入修習なしの修習生を受け入れるのは初めてだし、
下手すると放置プレイになるかも、みたいな話もあったようです。

あと、類型別は読み込んで行かないと、
なにやってるのかわからない、お客様状態になる、
みたいなことを言われてたそうです。

最初が民裁のみなさま、がんばってくださーい。
[PR]
by catsleeps | 2007-11-03 02:23 | 勉強のこととか

ようやく

作らなくちゃいけなかった資料も完成して、
仕事の量がほんの少し減りました。微減。

日曜日は答案を12通添削して、民法のゼミ。
土曜日の疲れもあってか、反動でそれほど動けず。
天気はよかったですね。

月曜日は答案を18通添削して、民法のゼミ。
債権譲渡のあたりの攻撃防御の構造が面白かったです。
興味ある人向け→S60-2を素材にしました。

火曜日は、やろうと思っていた問題をやったことがある、
というので、急遽問題を変更して行政法のゼミでした。
それでも、建築基準法を読んでみたり……。
関税法と食品衛生法も読みました。

その後、ひたすら資料作りで、夜になってようやく終わり。
ちょっと猶予があるので、もう少し磨きたいところ。

今日も、今年の憲法の答案を5通ほど添削。

まったくもって白表紙を読み進めていません。
どっかで時間とってやらないとなあ。
もう民裁の宿題終わった、とか聞くと、
気分だけが慌ててしまいます。

今週は木曜のゼミが休みなので、
14通の答案添削がないので、そこかなあ。

11月3日には、下手すると、
60通ぐらい添削渡されそうだし……。
旅行に行きたい、と思っていたけれど、
ちょっと無理かも……(涙)。
[PR]
by catsleeps | 2007-10-31 01:09 | 勉強のこととか

事務連絡がいっぱい

ということで、昨日はめずらしく、
バイト先の隣の部屋のパソコンを使って、
事務処理メールを送信したり。

刑法の答案を添削して、刑法ゼミ。
総論を4回やったので、最後の1回は各論。

今日は朝からちょっと遠くへでかけるのですが、
いろいろ資料作りもたまっていて、
徹夜かな……。
[PR]
by catsleeps | 2007-10-27 02:36 | 勉強のこととか

法と経済学

最近思ったこと。

法律は説得の学問というけれど、
そこに中身はあるのかなあ。

「たしかに」「しかし」で導かれる結論は、
一見利益衡量の結果のように見えるけれども、
最初から結論ありきで、プラスとマイナスの事情を
並べているだけのように思える。

これは、昔、医療過誤訴訟の授業で来ていた、
病院側の代理人の先生も言ってたこと。

そこで、法と経済学のような観点が必要で、
どういう行動を社会に実現したいか、
という観点から法解釈が正当化されていく、
という理屈はとても面白いです。

ローであった民裁のガイダンスで担当された裁判官の方が、
裁判官になろうと思ったきっかけとして、
和解のダイナミズムみたいなものをとりあげていたが、
その時点の紛争解決だけではなくて、
その後の当事者の人間関係を良好なものにしていくために、
どういう解決をするのが良いのかと
裁判官と弁護士が知恵を出し合うのが、
非常に魅力的だった、というのは、
上記の法と経済学の視点と見ているものは、
同じではなのかも。

アメリカのようなジャッジメントローの国では、
契約一つ作るにも、法を形成しているという意識があるらしく、
そこが成文法の日本と大きく違って面白かった、という話も興味深い。
そこにある感覚も、上記法と経済学の観点と、
同じものをみているのではないでしょうか。

そもそも日本の法律論は、
「たしかに」「しかし」で説得的に書かれているように見えても、
英語に翻訳しようとすると、どうもトートロジーな文章にしかならない、
という体験談を聞いて、考えてみました。

こういう頭のいろんなところに散らばっていたものが、
あ、横断的につながるかも、と思える瞬間が好きです。
[PR]
by catsleeps | 2007-10-26 03:11 | 勉強のこととか