日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

なんだかなあと思うこと

新司法試験に合格したローの同期やゼミ生から連絡があり、
他方で、今年で撤退という人からの連絡もあり。

よろこんでみたり、さみしくなったりしてました。

不合格になっても撤退になっても、いつでも連絡をください。
力を貸せるよう、自分を鍛えておきます。

さて、来年の合格者から、
司法修習中のお給料が出なくなります。
毎月、お金が貸与されていくのです。

つまり、ロースクールのときの借金生活に加えて、
さらに借金が増えるシステムになるわけです。

これは、もともと司法改革の一環として、
合格者を3000人にするということを前提に、
高すぎる裁判官の給料を削りたい財務省と最高裁のやり取りの中で、
最高裁が「裁判官の給料を下げる代わりにどうぞ」と、
修習生の給料を差し出した、という噂を聞きました。

日弁連が、猛烈に反対して、少し延期になってたのが、
とうとう来年から実施されてしまうのです。

最高裁は予算取りが下手という話も聞きますが、
法科大学院の高額な授業料と、
修習中の生活費とをまかなえるお金持ちじゃないと、
法曹にはなれないようになってしまうわけです。

ロー在学中の生活費は、奨学金を借りるという手がありますが、
修習生になったら返済することになります。

修習中の借金は、司法修習終了後から返済しないといけません。

そうすると、即独だろうがノキ弁だろうが、
ロー時代の借金と合わせて返済しないといけない。

ご飯を食べていけるのでしょうか……。
破産したら弁護士になれないし……。

せっかく政権が変わったので、
少しは変わるといいなあ、と期待してみたり。

弁政連という団体もあるのですが、
こういうことは扱わないのかしらん。
[PR]
by catsleeps | 2009-09-13 12:45 | 弁護士業務のこととか