日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

はじめての準抗告

私選の刑事事件がボスからまわってきたのですが、
被疑者の勾留決定に対する準抗告をしてみました。

本当は、勾留状謄本を先にとっておくと、
時間が短縮されるらしいですが、
勾留状謄本はなくても準抗告自体はできました。

身柄引受書とかもどんなのを用意すれば良いかわからず、
そういう簡単そうなところでも、少しずつ苦労しましたです。

東京地裁の11階の刑事の事件係に申立書を持って行き、
どの部に配点されるかは、その段階ではわからないので、
宛名は東京地方裁判所刑事部で良いそうです。

申立書には、事務所の電話番号と、
携帯電話の番号を書いておくと良いそうです。

事務所の事務局の人には、中何日かかかりませんでしたっけ?
と言われましたが、刑裁修習のときの勉強会のノートには、
なるべく即日で判断が出るようにしているとメモがあり、
その通り即日で判断が出ました。

東京弁護士会の発行するLIBRAという雑誌の今年の1月号に、
東京地裁書記官に訊く―保全・執行・刑事編―という特集があり、
その中にいろいろと役に立つことが書いてあったのですが、
すっかりその存在を忘れていたので(ぉぃ、
今後はちゃんと記憶の片隅に残るように目を通しておこうと思いました。

ちなみに、3月号は同特集の民事訴訟・破産編が載っています。

LIBRAは東弁のホームページからpdfファイルでも読める(最新号除く)ので、
興味がある方はみてみると良いと思います。
[PR]
by catsleeps | 2009-03-09 09:24 | 弁護士業務のこととか