日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

東弁新規登録弁護士研修1日目

その前に。

うちのクラスの裁判官志望の方は、
みなさん無事採用されたそうです。

おめでとうございます!
すごいなあ。
あ、めでてえな(人形佐七親分)。

というわけで、午前中は、
日弁連会長のごあいさつや、
東弁会長のご挨拶や、
全日弁連会長の講義などがあり。

中学校の校長先生の話を聞いている気分に
なったりなんかはしていません。断じて。絶対。
強調すればするほど嘘のように読めるのはなぜでしょう?

事前になんの告知もなかったのですが、
お昼にはお弁当とお茶が用意されていました。

すごーい!と思っていたら、
だって高い会費を払うからねえ、
という感じのクールなご意見もあり。

な、なるほどー。

午後は、刑事弁護関連の講義で、
とても勉強になりました。

内容とは全く関係ありませんが、
刑事弁護系の講師の先生方は、
パワーポイントつかって、語りかけるような講義の仕方をしていて
手元にアンチョコ(死語)を用意して読み上げるなどということはせず、
それについて司会の方が「裁判員裁判時代に対応してる!」
ということを強調されてました。

講義って本来そういうものなのでは、
なんて思ったりしていません。断じて。絶対。

ただ、公判前整理手続は複雑だからと、
超さっくりとした解説があったり。

……えーっと、
集合修習にも公判前整理手続について講義と演習があり、
刑事弁護実務に、とてもわかりやすい図がありますよ。

配付資料の中に、
「自由と正義」の弁護士職務基本規程の解説号があったり。

……あのー、
研修所で全員に配布されましたよ。

「点から線へ」というスローガンは、
別に法科大学院から司法修習修了までのものではなくて、
弁護士になった後の研修も含めたものなのではないでしょうか、
と思わないでもなかったり。

線というためには、
どこでどんな教材が配布されて、
どんな教育が行われているのか、
共通認識があったほうがいいような気がします。

が。

講師をされる弁護士の先生方は、
そんな暇はないのかもしれませんし、
集合修習の講義の内容なんて覚えてないでしょ、
資料も捨てちゃったんじゃないの?
という親心なのかも。

ありがたいことです。

そのほか、手帳や、
いわゆる「三平くん」(実践刑事弁護国選弁護編)も配布。
しまったー、買うんじゃなかったー!

最後に、弁護士バッヂが配布。
良い誕生日プレゼントになりました。
[PR]
by catsleeps | 2008-12-25 00:25 | 弁護士業務のこととか