日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

教官からの連絡

集合修習も間もなく、ということで、
クラスのメーリングリストに、
教官からの連絡があったりするようです。

民裁は、民法や商法、実体法の復習や、
要件事実論の復習をしましょうとのことです。

現行の61期の修習生が、後期に和光に戻る前に、
もっと民法の勉強をしておけば良かったー!
なんて言ったりしているということが、
紹介されていたりするみたいです。

問研起案や導入起案の復習を、
と言われたりするのですが、言い分や記録がないのに、
ノートや起案だけ見てもな、と思わないでも。

検察起案は、
終局処分とその思考過程の起案が主らしいです。
でも、実務修習中の起案と違って、
犯人性か犯罪の成否等のどちらかだけだそうです。

でも、メインで聞かれなかったほうは、
小問で聞かれる可能性があるそうです。

「検察終局処分起案の考え方」と、
検察講義案の公訴事実記載例等をよく読んで、
復習しておいてね、ということみたいです。

あと、小問で聞かれる可能性があるので、
検察演習問題とかを勉強しておくようにと、
お触れが出ているみたいです。

集合修習では、検察起案は2回しかなく、
新60期よりも少ないらしいです……。
[PR]
by catsleeps | 2008-07-06 16:36 | 実務修習のこととか