日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

いよいよ11月かもしれない

えーっと、ひさしぶりに自分のブログを見てみたら、
相変わらず月間400人ぐらいの方が見てくれているみたいで、
とてもびっくりしてます。

って、ちょうど合格者が出て、修習ってなにやるんだろーとか、
もうすぐ2回試験で、なにが出るんだろーと思う方が、
検索しているのかも。

眠り猫のゼミ生からも、何人か合格者が出て、
先日御祝いしました。よかったよかった。

合格直後に当時の未修者の1年生にした憲法人権のゼミで作った、
憲法の起案の書き方のレジュメを、ずーっと本試験会場まで、
持って行って、見直してたと言ってもらえて、とてもうれしかったり。

そんなことはさておき、修習地がどこでも楽しもうと思ったら、楽しいと思います。
修習生のみなさまがんばってください。

なんだかネット上では、貸与制になってから雰囲気が変わったという話ですが……。
それも多少は仕方がないことかもとは思います。

で、合格祝いの席上、修習に向けて読んでおいた方がいい本は?
と聞かれたので、民事事実認定なんてあんまりやっていないだろうから、
とりあえず「民事訴訟における事実認定」(法曹会)を勧めておきました。

元ゼミ生の弁護士にも来てもらったのですが、
彼は大島眞一「民事裁判実務の基礎」(民事法研究会)を読んでたそうです。
まあ、でも流行りとかあると思うので、とりあえず白表紙を読んで、
実務修習に入ってから、64期か65期の人に聞くのが良さそうと思います。

そういえば修習委員会で、修習幹事になって知ったのですが、
いつの間にか刑事弁護実務も改訂されているようです。

それになんか1巻2巻が配布されなくなったとか……。

修習を貸与制にするだけでなく、勉強する素材も配らないなんて、
どこまで法曹の質を落としていこうとするんだろー、と思いますが、
それを決めたのは誰?そうさせているのは誰?わたしはだあれ?ここはどこ?

げふん。

あと、就職活動について、うちの事務所でも去年、
書類選考とか採用面接とかさせられた手伝ったのですが、
事務所によりけりというか、少人数の事務所だと、
そんなに変な人じゃなくて、ちょっと採用したら面白そうと思ってもらえて、
あとは年齢構成とマッチするか、みたいなところなんだと思います。

同期が、自分の事務所の採用の書類選考したときは、
年齢で切って、英語とか書いてあると「うちはマチベンだから」と言って切って、
顔写真が貼ってないと切って、面接で「倒れるまで働きます!」と言った、
前のめりな感じの人が採用されたそうです。

まあ、でもうちの事務所の弟弁も、そんなことは言ってませんでしたが、
12月から働き始めて、年明けすぐぐらいに終電後も仕事するようになって、
夜中一度家に帰ってスーツ着替えて事務所に戻り、徹夜して、
という働きぶりなので、とりあえず、その事務所の先生に、
忙しいかどうかぐらいは聞いた方がいい気がします。

ひさしぶりに真面目なことを思ってみたり。
[PR]
by catsleeps | 2012-10-31 23:24 | 勉強のこととか