日々のだらだらを


by catsleeps
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

意識の統一

最近、国立のローで少人数のところの合格率の高さについて、
いろいろと話を聞く機会がありました。

片方は、教員の質が高くて(と思います)、かつ、
司法試験も実務も法科大学院教育もひとつの線の上にあるものとして、
司法試験に受かることが大事だということを教員の側が共通認識として持って、
ちゃんと司法試験に役に立つ教育、すなわち実務に役に立つ教育を行う、
というロースクールでした。

少人数であるが故に、学生に目が行き届いて、なおかつ、
もともと進級が厳格に判断されているとのことでした。

もう片方のロースクールも、主導的な地位にいる教員の方が、
実務家ないし実務に近いところにおられる先生で、
司法試験がどういうものかわかっていて、
教員間であんまり難しいことを教えすぎないよう、
意識を統一されているとのことでした。

朝日新聞に、和田吉弘先生のご意見が掲載されていましたが、
教員全員を実務家にする必要まではないと思うものの、
少なくとも、なにをどう教えるか、ということについて、
教員間の意識を統一できるロースクールが強いのかなあ、
と思いました。

問題はそうじゃないロースクールで、どう戦うか、
というところではあるのですが……。
[PR]
by catsleeps | 2010-07-18 21:29 | 弁護士業務のこととか